俳優の福士蒼汰が主演、女優の菜々緒ヒロイン役を務める金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系/毎週金曜22時)の第1話が11日に放送され、主人公の義姉を演じる菜々緒の姿に「かわいすぎ」「清楚系の役、新鮮!」などの声が寄せられた。

【写真】福士蒼汰の菜々緒への想いが切ない…

 本作は、小学館新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画を原作にしたラブストーリー。手を重ねた人の「死の運命」が視えてしまう救急救命士・みこと(福士蒼汰)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の恋を描く。

 救急救命士のみことは、父の再婚によって兄弟となった義姉・沙羅(菜々緒)、義兄・廉(桐谷健太)、義弟・藍(横浜流星)と仲良く暮らしている。家族の前では普通に振る舞うみことだが、実は義姉・沙羅への想いを募らせていた。ある日みことは救急要請で向かった先で、心筋梗塞で倒れた男性の心肺蘇生を行う。みことが男性と手を合わせると、亡くなる前後のビジョンが視えてしまう。運命を変えたい一心で、みことはビジョンと違う行動を試みるのだったが…。

 冒頭、画家の沙羅が自室でキャンバスに向かう姿が描かれる。絵の具で汚れたTシャツデニムショートパンツというカジュアルな服装の彼女が、朝日の差し込むアトリエでひたむきに筆を走らせている。ペットのシロに朝食を運んで来たみことは、庭先から沙羅の真剣な横顔を見つめる。みことの存在に気づいた沙羅は、穏やかな笑顔を浮かべながら優しい声で「おはよう」と一言。沙羅役の菜々緒がこれまでのイメージとは異なる演技を見せると、ネット上には「清楚系の役、新鮮!」「爽やかナチュラルメイク菜々緒ちゃん可愛すぎ」「いつもの菜々緒と違った感じで、やはり女優なんだなと感心」といった声が多数寄せられた。

 また、沙羅がTシャツデニムショートパンツ姿で絵を描いている姿がカメラに映し出されると「スタイル良すぎる」「家にこんな美脚ショーパンお姉さんいたら、死ぬ」などの投稿もネットに上がっていた。

金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』でヒロインを務める菜々緒  クランクイン!