boy2_e


 自閉症といっても様々な症状があるが、アイルランドに住むある少年は、大きな音に過敏で、長い間音楽と触れ合うことにも不安や苦痛を感じてきた。

 しかし、次第に音楽の楽しさを見つけた少年は、お気に入りの音楽を聴くことができるようになり、ある日自宅でレナードコーエンの名曲「ハレルヤ」を音楽に合わせて歌い始めた。

 そんな息子に驚いた母親は、その光景を録画し、ソーシャルメディアシェアした。

 投稿が大きな反響を呼んだことを知った母親は、「このシェアで、自閉症に対する理解が広まってくれれば」と話している。

―あわせて読みたい―

一匹の猫が彼女の人生を大きく変えた。 自閉症の少女と猫の物語
自閉症の少女、待ちに待った介助犬を手に入れた。うれしくて涙が止まらない。
自閉症の男性の願いをこころよく受け入れたスーパーマーケットの店員(アメリカ)
自閉症スペクトラム障害の人は数学が得意である場合が多い。その謎が明らかになりつつある(イタリア研究)
自閉症スペクトラム障害(ASD)の原因は約8割が遺伝であることが確認される(国際共同研究)

3歳に自閉症と診断された少年

 アイルランドのダブリンに住むジャスティン・メイ・カイリー君(9歳)は、3歳の時に自閉症と診断された。

 母親のアンドレアさん(26歳)によると、ジャスティン君が1歳になった時に、会話の発達に遅れていることに気付いたという。

 専門医の診察を受け、後に自閉症と診断を下されるまでの3年間、ジャスティン君は文章をうまく伝えることができず、十分話すことができなかった。


 自閉症と言ってもその症状には個人差がある。ジャスティン君の場合、特に音に過敏で、大きな音を聞くたびにパニックになる。

 そこで両親は息子に不安を引き起こさせないように騒々しい音はもちろんのこと、ジャスティン君が好きではない音楽などにも十分注意を払い、誕生日パーティーや混み合った場所などへは連れて行かないように配慮し続けてきた。

音楽に不安や苦痛を感じていたジャスティン君に変化が

 ジャスティン君は、家で本を読んだり、絵を描いたりするのが大好きだ。大好きなことに集中しているジャスティン君の前でかける音楽に気を配ってきた両親だったが、最近になってゆっくりと確実にジャスティン君に変化が現れ始めた。

 好きなテレビ番組や映画を見て、歌を覚えるようになり、少しずつ音楽の楽しさを学ぶようになったのだ。

 ある日、アンドレアさんはジャスティン君が学校から戻って来てスケッチブックに絵を描いている時、ある音楽をかけた。

 それは、レナ―ド・コーエンの名曲「ハレルヤ」を、米シンガーソングライタージェフバックリィがカバーしたものだった。

 すると、曲に合わせてジャスティン君が歌いだした。

 アンドレアさんはその澄んだ歌声に驚き、感動した。曲のボリュームを下げてスマホでその歌声を録画。うれしさのあまり、その動画を家族に送り、更にフェイスブックにも投稿した。

 以下が投稿された動画である。

ツイッターで拡散され、多くの人の心を打つ

 ジェイソン君のおじにあたるブランドン・クレイグさんにその動画が届いた。クレイグさんも心が大きく動いたのは言うまでもない。アンドレアさんから送られた映像をツイッターに投稿した。

 すると一晩のうちに拡散し、大きな反響を呼んだ。

 アンドレアさんも、世界中のユーザーから、ジェイソン君の歌声への称賛と、励ましやサポートコメントを受け取った。

 後にメディアの取材に応えたアンドレアさんは、このように語っている。

息子は、長い間音楽が怖く、音は不安と苦痛を引き起こすものでしかありませんでした。でも、ゆっくりと音楽を楽しめるようになり、嫌いな曲もありますが、今ではティナターナーレディー・ガガの曲も聴いています。

息子が、きれいな声を持っていることは知っていましたが、何気ない時に急に歌い始めたので、私も夫も驚かされました。

息子の映像をシェアすることで、自閉症に対する理解が広がるきっかけにしたかったのです。

親としては、ただ息子に幸せになってほしいだけです。だからもし歌うことで、息子の人生に新たな幸福と喜びがもたらされるのなら、一生歌を歌い続けていってほしいと思っています。


 アンドレアさんは、ソーシャルメディアジェイソン君の動画が拡散した後、その映像を特別なサポートを必要とする子供たちを担当する教師にも送った。

 すると、その教師は学校側に動画を見せ、ジャスティン君が合唱クラスに参加できるよう配慮してくれたそうだ。

 絵を描くことも大好きで、イラストレーターになりたいとも口にしているジャスティン君だが、今は音楽に情熱を見出したようで、いつの日かイギリスの歌のオーディション番組『Xファクター』に出場して、歌声を披露したいと話しているという。

References:Irish Postなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283430.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

失踪ミステリー。忽然と姿を消した人が最後に残した意味深な言葉
後ろから見た女性の髪形に大人ビジョンホルダーたちが激震
人間の胎児の手足にトカゲのような筋肉があることが3D撮像スキャンで明らかに(米研究)
家族や恋人、親友が罪を犯したとき、人は嘘をついてでもかばおうとする傾向があることが明らかに(米研究)
走行中の車のリアバンパーが壊滅状態。目撃したドライバーが教えてあげるも、そのまま走り去っていった件

―動画の紹介記事―

私が一緒に育てましょう。ゴールデンレトリバーの10匹の赤ちゃんのベビーシッターをかって出た1匹の猫
「オマエ何?」「アンタ誰?」アライグマのティトとチートのどきどきファーストエンカウンター
ダイバーと比較してください。卵の時点で巨大みがすぎるイカの卵嚢(ノルウェー)
面白いじゃないか!人間にスマホを見せられ熱心に画面を見入るアシカ(アメリカ)
イギリスの山中にある「失われた魂の洞窟」は自動車の墓場となっていた
自閉症の少年が澄んだ声で歌う「ハレルヤ」。その美しい歌声がSNSで話題となり、人々の心を打つ(アイルランド)