チコちゃん
11日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ「水はなぜ透明?」が話題となっている。水といえば透明というイメージだが、じつはそうではないようだ。

■「透明ではなく青い」

チコちゃんテーマに対する回答は「透明ではなく、青い」という。普段飲む水などは透明のはずなのに、どういうことなのだろうか。

水が透明でないことを理解するには、色を認識するシステムについて簡単に理解する必要があるという。太陽などの光は白に見えるが、それは、多くの色が混ざっているものである。いわゆる光の三原色というものだ。

身の回りにある物は基本的に特定の色の光を吸収している。物体が浴びた光の中から吸収されなかった光が反射し、目に入ることで色を認識している。

例えば、赤いリンゴには緑と青の色を吸収する性質があるため、赤色の光のみが反射し赤く見えるということだ。

関連記事:虫が光に集まってくるのは勘違いしているから? 「可哀想…」と同情も

■水は吸収する性質が弱い

光源から出た水は、光を吸収する力がほとんどないという。しかし、微弱ながらに赤い光を吸収するため、実は青くなっているようだ。

光を吸収する力は水が集まれば集まるほど強くなるため、海が青く見えると解説した。さらに、海が青く見えるのは「光が散乱する影響」という説もあることも紹介しテーマを締めた。

■「その回答はズルい!」

「水はなぜ透明?」というテーマに対し「水は青い」と回答したチコちゃんに「それはズルい!」といった声が多く集まった。

■9割弱が海水浴を体験

水が大量に集まりキレイな青を見ることができる海だが、どのくらいの人が海に遊びに行ったことがあるだろうか。

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、「海について」の調査を実施。行ったことがないと回答した人はわずかに14%となった。

海に泳ぎに行ったことがないグラフ

時には視聴者を驚かせる回答をするチコちゃんをこれからも楽しみにしたい。

・合わせて読みたい→鉄がサビる理由をチコちゃんが紹介 独特な回答に「映画の名前みたい」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

水が透明な理由をチコちゃんが解説 「その回答はズルい」と話題に