dropped27


 うららかな日差しの中でお散歩中、そんな瞬間だって動物たちには様々な危機一髪が待っている。アメリカペンシルバニア州にお住いのナタリア・ハインズさん宅の愛犬、シュガーフットさんが公園で芝生の上を走り回っていた時、思わぬスリリングな瞬間を迎えたのだという。

 



Little Dog Has Scary Encounter With A Very Large Bird

 動画をよく見てみてほしい。黒い小さな犬がシュガーフットさんだ。シュガーフットさんが楽しそうに芝生を駆け抜けていると、なんと上から猛禽類と思われる鳥が急降下、間一髪のところでシュガーフットさんは危機を回避していた。

 青々とした芝生を駆け回るシュガーフットさん
dropped29


 しかしそこに空の覇者が気まぐれにやってきた!
dropped27

 シュガーフットさんのナイスランもあり無事に逃げ切れた
dropped32

 シュガーフットさんはその後、危機一髪を訴えるかのように走り回っていた
dropped30

 愛犬が大喜びで走る動画を撮影しようとしていた飼い主のナタリアさんは、この事態に大慌てだったようだ。それと同時に「どんなに見慣れた場所でも危険が存在する可能性を思い出せた」と語っているという。

 動物界は弱肉強食だ。注意一瞬、怪我一生とはよく言ったものだ。どんなところでどんな危険が待ち受けているか分からない。我々飼い主もきちんと目を光らせてペットの安全を守ろう。

written by kokarimushi

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283469.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

自ら葬儀場に出向き、遺族の悲しみを感じ取り、心を癒してくれる特別な能力のある猫(イギリス)
私が一緒に育てましょう。ゴールデンレトリバーの10匹の赤ちゃんのベビーシッターをかって出た1匹の猫
「オマエ何?」「アンタ誰?」アライグマのティトとチートのどきどきファーストエンカウンター
ダイバーと比較してください。卵の時点で巨大みがすぎるイカの卵嚢(ノルウェー)
野良の子猫を路上で発見した女性、自宅に連れ帰った後、ボブキャットであることが判明(アメリカ)

―動画の紹介記事―

自閉症の少年が澄んだ声で歌う「ハレルヤ」。その美しい歌声がSNSで話題となり、人々の心を打つ(アイルランド)
私が一緒に育てましょう。ゴールデンレトリバーの10匹の赤ちゃんのベビーシッターをかって出た1匹の猫
「オマエ何?」「アンタ誰?」アライグマのティトとチートのどきどきファーストエンカウンター
ダイバーと比較してください。卵の時点で巨大みがすぎるイカの卵嚢(ノルウェー)
面白いじゃないか!人間にスマホを見せられ熱心に画面を見入るアシカ(アメリカ)
公園を散歩中に猛禽類が空からやってきた!子犬の危機一髪