みなさん、こんにちは。「24歳で結婚」を目標に婚活を続け、気付けば100お見合いしていた事業家で“おブス”タレントの栄藤仁美です。

栄藤仁美
栄藤仁美さん
 すっかり秋になりましたが、みなさんの婚活状況はいかがでしょうか? もうすぐ恋人たちのイベント目白押しな季節がやって来ます。そんな大切な時期に出会いを逃さないよう、今回は私から処方箋をお届けします。

 ターゲットは「モテない言い訳」をしている“あなた”です。私もやってました、20歳くらいの頃に……。だからこそ、今婚活している人には間違ってほしくないんです。この記事を参考に、ぜひ素敵な出会いを引き寄せてほしいと思います。

私が出会った“ヤバい男”その1

 処方箋の前に、まずは私が出会った“ヤバい男”の体験談からお話します。こちらが、その男性のスペックです。

・40代開業医バツイチ
・お医者さまの一族で、多くの不動産を所有。
・前妻との子供なし。
・水泳の入江陵介選手に似ている。
スーパーカーと時計が趣味。

 待ち合わせは、素敵なイタリアンレストラン。仲のいい紹介者の男性と3人で食事することになりました。時間通りに到着して、私が胸を躍らせながら待っていると、その男性は現れました……現れた瞬間、「え!?」と思ってしまうような服装で。

ゴルフ帰りかも」とは聞いていましたが、「いつの時代の!?」と思わずツッコミを入れたくなるほどファッション。服もくたびれていて、ヒゲもケアしていない状態。ゴルフ場ならシャワーを浴びて、着替えシェービングもできるはずなのに……。

 そんなことを思いながら、お互いに自己紹介。意外にも食事をしながらの会話は、笑いを交えて和やかに進みました。「え? 結構いい人じゃん」と思っていた矢先、なんだか男性の言葉にザラつきを覚えました。

あまりに非現実的な理想を言う男

告白 恋愛

「僕なんかおじさんだから」と言いながらの「イケメン自慢」。「僕なんかぜんぜんだよ」と言いながらの「車と時計のお値段自慢」。だんだん気持ちが滅入ってきて、「すごいですね~」と言わされてる感じが負担になって来ました。

 自慢話をシャットアウトするため「どんな女性がタイプなんですか?」と質問を投げかける私。すると、男性は「よくぞ聞いてくれました!」という顔でこう答えました。

「とにかく若くて、『ONE PIECE』のボア・ハンコックみたいな巨乳で腰の細い人。顔がハーフ顔で料理がうまいタイプね。それから、掃除・洗濯・炊事が完璧で、帰ったら三つ指をついて“おかえりなさい”って必ず出迎えてくれる女性じゃないと。家のことは全部任せたいんだよ、子育てにしても女の仕事だって思ってるからさ」

 ドドドッと脳内でなにかが崩れ落ちました。事前に私がどんな顔でどんなタイプなのかも聞いていたはず。そうでなくても、男性のあまりに非現実的な理想に、私は唖然としました。慌てた紹介者が「そんな人間、現実世界にいるわけないだろ!」とたしなめてくれたのも後の祭り。私はこの日、抜け殻のようになって帰途につきました。

女性が引く言い訳「オシャレをしない」

 さて、処方箋のお時間です。ご紹介した“ヤバい男”だけでなく、おブスや非イケメンには「モテない言い訳」をするという共通点があります。もしも友だちや知り合いがこれに当てはまっていたら、私は絶対に誰にも紹介しません。

 なかでも、以下に挙げる4つの言い訳は超危険です。自分に心当たりがないか確かめてみてください。

オシャレをしない言い訳
・自分を棚に上げた言い訳
・自分の話を延々と続ける言い訳
リアルな思考をもたないタイプの言い訳

 まず1つ目は「オシャレをしない」言い訳。男性は「オシャレな服は高い」「どこに売ってるか分からない」という声が多く、女性は「どうせ私はブス(orデブ)だから」「お金がもったいない」という言葉をよく口にします。

 出会いは、お見合いやお食事会、結婚相談所だけではありません。日常で、突然素敵な異性と出会う可能性もあります。だからこそ、普段からある程度のオシャレを意識したいものです。また、こうした言い訳の裏側には「手間をかけるのが惜しい」というニュアンスが含まれています。そんな方は、結婚という共同作業をするうえでもネックになるでしょう。

女性が引く言い訳「自分を棚に上げる」

頭痛

 2つ目は、「自分を棚に上げた」言い訳。よく女性に対して「ムダ毛はあり得ない」「メイクが下手」「香水臭い、化粧臭い」みたいな言葉を口にする男性っていますよね? そんな人ほど無精ヒゲを生やしていたり、顔がテカってたり、生乾き臭や体臭がキツかったりします。

 新たな出会いを求めるなら、他人を責める前に最低限の身だしなみを整えてください。ネットで検索すれば、いろんなケア方法が出てきます。なによりも、自分を棚に上げて他人を責めることがマナー違反です。

 その一方で、たしかに女性は女性らしく脱毛やメイクなど、ある程度は気を遣うべきだと思います。男女ともに、まずは自分の清潔感を意識しましょう。

女性が引く言い訳「自分の話を延々と続ける」

 続いて3つ目は「どうせ自分なんか」と言いながら、「自分の話を延々と続ける」言い訳。

 よく聞くと、自分を下げたように見せかけた自慢だったり、自己愛の強さの表れだったりします。

 男性は「学歴はすごいけど」「職場はすごいのに」といったフレーズセットの場合がほとんど。女性に優越感を与えようとして「どうせオレなんか」と口にするのでしょうが、最終的には自慢話です。本人に自覚がなくても、聞いているほうは疲れてしまいます。

女性が引く言い訳「理想が高すぎる」

結婚

 ラストは、理想の相手を二次元で語るなど、「リアルな思考をもたないタイプ」の言い訳。とくに男性に多いようです。

 人気アニメONE PIECE』のナミのような巨乳に細いウエスト橋本環奈のようなかわいさ。お金も稼いで来てくれて、料理もできる。男性の言うことを「うんうん」と聞いてくれる優しい女性……。それが“理想の相手”と本気で語ったりします。

 それは、自分が完璧な男性だと自負しての発言なのでしょうか。反対に女性から同じようなことを言われたら? 趣味の世界なら問題ないですが、真剣に相手を探そうとしている女性には失礼です。自分がデリカシーのない発言をしていることに気づいたほうがよいでしょう。

「5秒で相手を分別する」ことが大切

 私は、長らくこの業界で裏方をやって来て実感したことがあります。それは「人は会って5秒で相手を分別する」ということです。

 たとえば私が審査員を務めた、あるオーディションでの話。応募者が無意識に部屋入って来た時点で、すぐにある程度合否が決まります。自己PRのなかで、よほどの意外性を見せない限り、最初にやきついた印象はくつがえるものではありません。

 それは恋愛の場合も同じ。人は、出会ってからたった数分で「性の対象かどうか」「友だちか異性か」を決めてしまうそうです。お見合いしていた頃を振り返ると、たしかに私も早い段階で相手を「分別」していたなと思います。

 細かな基準はそれぞれですが、少なくとも「不快な思いをさせない」という最低条件ならクリアできるはず。今回お伝えした「4つの言い訳」をしていたら、少しずつでも改めてみてください。きっとあなた自身がアップデートすることで、素敵な出会いを引き寄せることでしょう。

TEXT/栄藤仁美 構成/鈴木旭>

【栄藤仁美】

1989年、京都生まれ。コンテンツプロデューサー、「ミスiD 2017」安藤美冬賞受賞。京都の花街で、老舗お茶屋の跡取りとして生まれるも、舞妓になる道を絶たれ、起業。17歳3000万円の借金を背負うが数年で完済。現在は飲食業を経営する傍ら、さまざまなコンテンツプロデュースを行う