台風19号は温帯低気圧に 関東甲信や東北で記録的な大雨

画像

台風19号の影響により、東海や関東甲信、東北の各地で記録的な大雨となりました。

神奈川県箱根では降り始めからの総降水量が1000ミリを超える記録的な大雨となり、その他の多くの地点でも、観測史上1位の値を更新する降水量となりました。

■降り始めからの総降水量(10月10日~13日15時現在)
神奈川県 足柄下郡箱根町  箱根   1001.5ミリ
      相模原市緑区   相模湖  631.0ミリ
静岡県  伊豆市      湯ヶ島  760.0ミリ
      静岡市葵区    梅ヶ島  631.5ミリ
埼玉県  秩父市      浦山   687.0ミリ
      比企郡ときがわ町 ときがわ 604.5ミリ
東京都  西多摩郡檜原村  小沢   649.0ミリ
      西多摩郡奥多摩町 小河内  610.5ミリ
宮城県  伊具郡丸森町   筆甫   607.5ミリ

記録的な大雨により、関東甲信や東北の河川では水位が著しく上昇しました。東京都の多摩川や長野県千曲川福島県阿武隈川などで氾濫が発生し、多くの家屋に被害が出ています。

東~北日本の各地に大きな被害をもたらした台風19号は、13日(日)12時に、日本の東海上で温帯低気圧となりました。しかし、温帯低気圧になったからといって油断はできません。広い範囲で強い風が吹き、海上では大しけの状態が続く見込みです。強風や高波に注意・警戒が必要となります。

大雨警報や土砂災害警戒情報が発表されている地域では、これまでの大雨により地盤が緩んでいる恐れがあり、土砂災害や洪水の危険が非常に高くなっています。引き続き、土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒をして下さい。

台風19号は温帯低気圧に 関東甲信や東北で記録的な大雨