ビートたけし
13日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』では、強い勢力を保ったまま日本に接近する台風19号について特集した。

■「6時にTBS入り」

番組の冒頭で、安住紳一郎アナは「大変、関東地方は緊張感溢れる一日なりました。皆さん…いかがお過ごしでしょうか」と視聴者を気遣う言葉を投げかけた。

さらに「なかなか人間、緊張感は続きませんので、大変な状況ではありますけれど、リラックスしながら番組にお付き合いいただきたいと思います」と続けた。

ビートたけしは「(午後)6時にはTBSにいましたよ。番組が始まる10時まで寝てようと思ったけど寝られない。台風のニュース続きでヘロヘロになっちゃいました」と少し疲れた表情を浮かべた。

関連記事:ビートたけし、自然災害対策に「万博作るより避難所を」と提言 共感の声殺到

■エールを送る声

テレビ局でずっと待機していたというたけしに「いつも顔を見れて安心」「大変な状況だけど頑張ってほしい」といった声が集まっている。

「台風の暴風雨の中でも、いつもと変わらずたけしさんと安住さんがテレビ画面にいる安心感。ホッとするね」

「安住さんも殿も台風の中、生放送ありがとう

「悪天候の中、お疲れ様です。今週もNキャス拝見します」

■「台風直撃」で仕事を休む人は3割

今回は直撃が土曜日ということで出勤に影響はなかったが、もし平日の場合はどうだっただろうか。9月の台風15号では、計画運休後、駅に大量の人がなだれ込み入場規制が行われた。

しらべぇ編集部では、全国475名を対象に「台風が直撃した日の仕事」について調査を実施した。

台風2

約3割の人が仕事を休むと回答したが、出勤するという方が多数派であることがわかった。

コンビニスーパーが休業してもテレビは休むことはできないため、放送局のスタッフや出演者はかなり大変そうだ。

・合わせて読みたい→『コナン』『とんねるず』『ヒロアカ』…テレビ番組の休止相次ぐ 悲しむ視聴者も

(文/しらべぇ編集部・Aomi

たけし、「6時からTBSにいてヘロヘロ」 視聴者からは応援の声も