キャサリン妃が、2013年からパトロンを務めているロンドン自然史博物館に、単独で登場。ファッションもさることながら、おニューのヘアカラーと、これまでとは違った着こなしに注目が集まっている。

【写真を見る】秋を意識した新ヘアカラー&ファッションが大好評!さらに美しく

9月にシャーロット王女が学校デビューを果たした際にも、おニューの明るめのハニーカラーのヘアスタイルをお披露目したキャサリン妃だが、今回は秋っぽく落ち着きのあるブロンドに近いヘアカラーに変身。「美しすぎる」「さらに美しさに磨きがかかって最強」「まさにハリウッド女優越え」といった声があがっており、評判はいいようだ。

ファッションではプチプラで秋カラーを演出しており、トップスはアメリカカジュアルブランドの1つ、ウエアハウスのバーガンディのセーターで、セールで39ポンド(約5100円)だったことから、ネットで即完売。また英国発ジグソーガウチョパンツは、グリーン系カーキ色と今年のトレンドカラーをしっかり取り入れており、32%オフの89ポンド(約1万1600円)とあって、こちらもすでに完売している。

ちなみにジグソーは、キャサリン妃がウィリアム王子と交際していた2006年当時に働いていた会社でもあり、メーガン妃が、自身がパトロンを務める慈善団体「スマートワークス」のための特別なカプセルコレクションでコラボしているブランドローンイベントではメーガン妃も黒いパンツ姿を披露しており、今や英国王室御用達ブランドだ。

そんなプチプラの装いに合わせたのは、2017年にはパリでシャネルドレスと、2018年にはスウェーデン外遊の際に赤白の千鳥格子のキャサリンウォーカーのコートと組み合わせていた、バーガンディのシャネルのバッグと、トッズのフリンジ付きのパンプス。

今年は、ヘアカラーに変化をつけ、セールで購入できるプチプラの衣装と、高価なアイテムは使い回しでお金をかけずに、ファッションの新境地を開いているようだ。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

おニューヘアが絶賛!