no title

 世界最悪の原発事故の舞台となったチェルノブイリ原子力発電所4号炉の制御室が一般公開されたそうだ。

 興味があるのならあなたもそこを訪れて、人類史に刻まれた痛ましい事故の痕跡を確かめることができる。

 ただし、そこはいまだに放射線レベルが高く、防護服を着なければ入室することはできない。滞在できるのも5分間だけだ。

―あわせて読みたい―

チェルノブイリの今を赤外線フィルターを通して撮影された写真
悲劇の原発事故から33年。チェルノブイリは今、野生動物たちの王国へ(ウクライナ)
原発事故があったチェルノブイリに今、観光客が押し寄せている。アメリカのテレビ番組がきっかけで(ウクライナ)
触れるな危険。チェルノブイリの森の中で発見された作業車両部品「チェルノブイリの爪」
チェルノブイリの立ち入り禁止区域内で栽培された穀物を使ったウォッカ「アトミック」が誕生。近々販売予定


Take a look inside radioactive ruins of Chernobyl’s reactor No. 4

チェルノブイリの観光地化が推進される

 2019年6月、放射線物質を封じ込めるために建設された巨大ドームの落成式に出席したウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領によって、チェルノブイリを観光の目玉にする旨が正式に宣言された。

 チェルノブイリの一部は10年近く前から開放されており、じつはかなり前から観光スポットだった。今年5月にはその事故がアメリカのHBO局によってドラマ化。おかげで予約数が3割も伸びるなど、意外な人気観光スポットだ。

メルトダウンを起こした原子炉を操作していた制御室の公開

 だが、4号炉は閉鎖されたままで、一部の研究者や作業員以外は立ち入りが禁止されていた。しかしこのほど、怖いもの知らずのツーリスト向けに制御室が開放されたことを旅行代理店が確認した、とCNNは伝えている。

 爆発によって大きな被害を受けた制御室は、あのメルトダウンを起こした反応炉を操作していた場所で、その日いくつもの決断がなされた現場でもある。

 新しく作られたドームの内側にあるが、事故後、反応炉の放射線を遮るために作られた”石棺”の外にある、とTelegraphは伝えている。


Wish You Were Here? Tourists Can Now Visit Chernobyl Control Room

見学者は防護服の着用が必須。滞在時間は5分まで

 Ruptlyによると、制御室内の放射線は通常の4万倍であるとのこと。

 入室する際は防護服・ヘルメットマスクを着用しなければならず、滞在できるのも5分間だけだ。さらに外に出たあとも被曝量の検査を受けなければならない。

 ちなみにこうした手続きはチェルノブイリの観光では普通のことだ。1日かけてまわるツアーでは出発時・途中・終了時に放射線チェックポイントを通過することになっている。

 また、ツーリストが勝手に移動することは許されず、必ずツアーグループで行動しなければならない。それもこれも、放射性の危険が冗談などではないからだ。


inside Chernobyl ЧАЭС sarcophagus 2016 - reactor #4 control room and lead-lined corridors

機械の墓場など、事故の痕跡はほかにも

 チェルノブイリには、ほかにもまだ立ち入り禁止となっている地区がある。

 たとえば「機械の墓場」と呼ばれる場所には、事故後のチェルノブイリで使用され、放射性物質にまみれた作業車両がいく台も放置されており、まさに墓場のような趣がある。

 大量の放射線に被曝すると、体の組織が破壊され、急性の放射線症候群に見舞われるほか、がんのリスクも高まる。

 そのような厳然たる危険性がありながらも、ウクライナ政府はルールにしたがっている限り、ツーリストが訪れても大丈夫だと考えているようだ。

written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283473.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

節足動物の動き!椅子についた金属製の脚がワサワサ動く、ディーゼルパンクな電動多脚椅子
人生何が起きるかわからない。美容室にいたら突如鹿が突入してくるという珍事に出くわすこともある(アメリカ)
病院嫌い、荒ぶる猫にどう対応していけばいいのか?獣医が猫に扮して体を張ってそのテクニックをレクチャー
公園を散歩中に猛禽類が空からやってきた!子犬の危機一髪
自閉症の少年が澄んだ声で歌う「ハレルヤ」。その美しい歌声がSNSで話題となり、人々の心を打つ(アイルランド)

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

アマゾンで、過去の記録を上回る高さ88.5メートルの巨木が発見される(ブラジル)
土星で新たに20個の衛星が発見され、最多の衛星を持つ惑星に。今なら名付け親になるチャンス!
イギリスの山中にある「失われた魂の洞窟」は自動車の墓場となっていた
土星の衛星「エンケラドゥス」に生命が誕生している可能性。噴出する水蒸気に水溶性の有機物を確認(NASA)
ダイバーたちのディズニーランド。世界最大の水中テーマパークがオープン!(バーレーン)
チェルノブイリの制御室を一般公開。ただし危険につき5分間だけ(ウクライナ)