浦和が運営する会員制スポーツ施設が水没

 J1浦和レッズが13日、台風19号による被害を受け、さいたま市スポーツ施設「レッズランド」が水没したと発表した。この日の未明に荒川の本流から水が流れ込み、水深推定5~6メートルとなっているという。現在も河川の流入が続いている状況のようだ。

 公式ホームページによると、レッズランド施設全体が水没。復旧の目途も立っておらず、荒川本流の水位が下がり、完全に水が引いてから被害状況の確認を行い、今後の対応を協議していくという。

 レッズランドは浦和が運営しており、天然芝のサッカー場が2面、人工芝やフットサル場も併設されてるほか、テニスコートなどもある会員制のスポーツ施設。レッズランドは当面は休業すると発表し、「早期の復旧、営業再開は難しいと思われます」としている。(Football ZONE web編集部)

レッズランドが台風19号被害で水没(写真はイメージです)【写真:Getty Images】