u1

image credit:Pixabay

 約40年に渡り、アメリカ・オレゴン州東部で奇妙な事件が起こっているようだ。生殖器や体の一部がきれいに切断された家畜の遺骸がしばしば発見されているのである。

 ここしばらくそれはおさまったいたのだが、どうやらまた始まってしまったらしい。

 今年の8月5日、オレゴン州牧畜業者協会が「シルヴィーズ・バレー牧場で最近、5頭の雄牛が死んでいるのが発見された」と発表したのである。

 牛たちには銃で撃たれたり毒を盛られたり猛獣に襲われた痕跡はなにもなく、しかし内臓をいくつか取り去られており、さらには完全に血を抜かれていて生殖器や舌も切り取られていたという。

 原因が不明なことから、主に南米で目撃される吸血UMA、チュパカブラの仕業?それともエイリアンによるキャトルミューティレーション?と心配している人もいるようだ。

―あわせて読みたい―

アルゼンチンから、新たなるキャトルミューティレーションが目撃される
ロンドンに巨大UFOが現れ、空から象2頭を逆キャトルミューティレーション!?
宣戦布告?キャトルミューティレーション?イギリスで目撃されたUFOはビーム光線を地上に発射
キャトルミューティレーション系?森の中でサメの死骸が発見される(米ニューハンプシャー)
伝説のUMA「チュパカブラ」なのか!?胸を切り裂かれた鳥60羽の変死体が発見される(ブラジル)
キャトルミューティレーション?チュパカブラ?羊の血が抜かれるという猟奇事件に村人が騒然(ウクライナ)閲覧注意

アメリカ各地で長年に渡り発生している家畜の不可解な死

 この地域では数十年前から、家畜が同じように異様な状態で死んでいるのが発見されている。

 1980年代に人里離れた農場で一頭の乳牛が殺され、数年前にもプリンストンバーンズ近くで家畜が死んでいるのが発見されたことがあった。

iStock-155560549


 また、家畜の不可解な死はこの地域だけにとどまらない。

 ニューヨークタイムズ1975年の記事によると、アメリカ西部や中西部の11の州で200頭もの家畜が同様に殺されたとある。

 当時、捜査にあたった警察は、この事件は宇宙旅行の参加者を募っているとされていたオレゴン州の“ある団体”と関係があると信じていた。

 1970年代に急増した家畜の切断遺骸にFBIも注目したが、司法権がないため捜査することができなかったのだとか。

 ハーニー郡保安官事務所は現在、一連の事件がカルト集団の仕業であるという線で捜査しているようだ。

 儀式用の生贄を捧げるために、こうした異様な行為を行ったのだろうというのだ。

skull-219512_640_e

Image by Jody Davis from Pixabay

エイリアン?UMA?悪魔崇拝者?飛び交う様々な噂


 オレゴンの田舎町では様々な噂が出回っており大騒ぎだ。

 エイリアンによるキャトルミューティレーションだとか、吸血UMAチュパカブラの仕業であるとか、悪魔崇拝者によるものだとか、更にはビッグフットが出没しているなど、突拍子もない説が飛び交っている。

1_e


 ハーニー郡保安官事務所のダン・ジェンキンス氏は

特にエイリアンによるキャトルミューティレーション説を信じる人が多い。電話をしてきたある人は、牛の遺骸の下に窪みがないか探してみろというんだ。

彼曰く、エイリアンの宇宙船が牛をビーム転送装置で拉致して、いろいろ調べた挙句、空高くから落とすのだとか。

牛の遺骸にガイガーカウンターのようなものを当ててみるべきだ、絶対に放射能にまみれている、と連絡してきた人もいる。

なんといっても奇天烈だったのは、彼は北ベトナム軍が隠れ潜んでいると思っていたことだ


と語る。

iStock-975099086_e

Image by ktsimage/iStock

 オレゴン州牧畜業者協会は、結果的に犯人を逮捕・有罪にできた証拠や情報に報酬1000ドル(約10万8000円)を出すという。

 シルヴィーズ・バレー牧場もまた、2万5000ドル(約270万円)の報奨金を出すと公表した。

 キャトルミューティレーションだろうか、それともチュパカブラだろうか・・・?なんにせよまだしばらくこの謎が完全に解明されることはなさそうだ。

References:Ifl science /written by konohazuku / edited by usagi

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283452.html
 

こちらもオススメ!

UMA未確認生物についての記事―

20世紀末のロシアで発見されたという謎生物「キシュテム・ドワーフ」の正体は?
ヒョウ?ヤマネコ?それともUMA?イギリスでミステリアスな大型ネコ科っぽい生物の姿がとらえられる。
ネッシーは巨大ウナギかもしれない!?科学者による大規模調査で新たなる展開が(ニュージーランド研究)
これが噂のフクロウ男(オウルマン)なのか!?イギリスの墓地でツノと翼を持った謎の男性の姿がとらえられる
エイリアン、生まれました?ロシアからの映像とされる赤い目をもつ謎の白い生命体

―知るの紹介記事―

鳥の脳に記憶を植え付けて新しい歌を覚えさせることに成功。人間への応用にも期待(米研究)
ゾンビメイクのまま発作を起こした女性。あまりのクオリティに病院側は傷を負っていると勘違い(アメリカ)※ゾンビ注意
独房に監禁された受刑者は釈放後1年以内に死亡する確率がアップするという研究結果が報告される(米研究)
アマゾンで、過去の記録を上回る高さ88.5メートルの巨木が発見される(ブラジル)
自ら葬儀場に出向き、遺族の悲しみを感じ取り、心を癒してくれる特別な能力のある猫(イギリス)
チュパカブラ?キャトルミューティレーション?内蔵と血を抜かれ生殖器を切り取られた牛の死体が複数発見される(アメリカ)