この夏、1stシングルとしてリリースした『ファーストフライト』が、ドラマ「ランウェイ24」で自身初のドラマ主題歌に抜擢され配信を中心にスマッシュヒットを記録した次世代シンガー“杏沙子”。11月上旬、首都圏4大学で、動画・写真撮影すべてOKの自身初となる学園祭ライブツアーが決定した。

今秋、JTBが学生向けに実施している「ガクタビキャンペーン」企画とのコラボとして、『JTB×杏沙子 学園祭ツアー』が決定。JTB『ついてる! Hawaiiキャンペーン』のCMソングアップルティー」をはじめ、表現力豊かな詞の世界をキャッチーなメロディーに乗せた楽曲が若年層を中心に話題の彼女。入場無料の学園祭ツアーにぜひとも足を運んで欲しい。詳細は杏沙子オフィシャルホームページチェック

杏沙子自身「初の学園祭ツアー!今回コラボさせていただくJTBさんとの出会いの曲である「アップルティー」が学校を舞台にした青春を詰め込んだ歌なので、なんだか不思議なご縁を感じます。この秋、キャンパスで一緒に青春を作りましょう!」と語っている今回の学園祭ツアーは、杏沙子に加えて、キーボードに杏沙子の楽曲のアレンジを数多く手掛ける“横山裕章”、ギターに杏沙子のツアーでもおなじみの“森本隆寛”という名うてのプレイヤーを迎えた、アコーステック編成でパフォーマンスされる。

そして、今回のライブは特別に全4会場とも、動画、写真撮影が可能となる。「#杏沙子」のハッシュタグを付けてSNSで友達や家族に、学園祭で歌う杏沙子を共有してみてはいかがだろうか。

杏沙子は現在、次のリリースに向けて新作を制作中だが、このライブでも新曲がいち早く聴けるかもしれない。

JTB × 杏沙子、全会場撮影OK!杏沙子自身初の学園祭ツアー開催決定