ロシア代表は13日、ユーロ2020予選グループI第8節でキプロス代表とのアウェイ戦に臨み、5-0で圧勝した。

ベルギーに次ぐ2位のロシア(勝ち点18)が、3位キプロス(勝ち点10)のホームに乗り込んだ一戦。

勝利すれば2試合を残して2位以上が確定し、本選出場が決まるロシアは、チェリシェフやゴロビン、ジューバらが先発となった。

試合は開始9分、敵陣でボールを奪ったチェリシェフがボックス左に侵入してシュートを突き刺し、ロシアが先制した。さらに23分にチェリシェフのアシストからオズドエフが加点したロシアは、28分に数的優位となる。ペトロフがライフィスに悪質なタックルを受け、一発レッドカードが提示された。

迎えた後半、終盤の79分にチェリシェフのクロスからジューバがヘディンシュートで3点目を決めたロシアは、89分にゴロビン、追加タイムにチェリシェフが得点を挙げ、5-0と圧勝。

チェリシェフが2ゴール2アシストと躍動したロシアが2試合を残して2位以上を確定させ、本選出場を決めている。

グループI順位表
[勝点/試合数/得失差]
1.ベルギー[24/8/29]
2.ロシア[21/8/23]
3.キプロス[10/8/1]
4.スコットランド[9/8/-4]
5.カザフスタン[7/8/-4]
6.サンマリノ[0/8/-43]

サムネイル画像