パンツ・下着・女性(Zametalov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

飛行機に乗る前に酒に酔い、機内で荒れて暴れた女がいる。その結果、国際線だったにも関わらず機長は飛行の続行は不可能と判断。目的地への到着を前に緊急着陸を余儀なくされた。

■泥酔した女が機内に

英国マンチスター飛行機に乗り込み、カナリア諸島へ向かう予定だった女(30)がいる。

しかし旅を前にテンションがあがったのか、女は空港で酒を飲み泥酔。そのまま飛行機に乗り込むなり免税店で購入してあったウォッカの瓶を取り出し、ジュースに混ぜて飲もうとした。

これに驚いた客室乗務員が、ウォッカの瓶を没収。「女につき報告書に記載する必要がある」と判断した機長の命令を受け、客室乗務員は女がトイレに入ったすきを狙い、手荷物の中からパスポートを回収しようと試みたという。

関連記事:「他の女を見たわね、この野郎!」 機内で彼女が彼氏に嫉妬

■客室乗務員に女が激怒

トイレから戻り驚いた女は、客室乗務員に対し「コソ泥!」と絶叫。さらに「飲み物を私のズボンにこぼしたわね」などと声を張り上げ、客室乗務員のひとりに突進し突き飛ばした。

「お子様も機内におられます」「落ち着いてください」と客室乗務員らは女をなだめようとしたが、女はわめき声をあげ卑語を炸裂。「この私を止められるものか!」などと絶叫した末に、とんでもない行動に出た。

■パンツを脱ぎすてた女

手が付けられぬ状態になった女は、ズボンと下着を脱ぎすて下半身を丸出しに。

乗客らを驚かせ大騒ぎしたあと自分の座席に戻ったというが、機長は「このまま目的地まで飛ぶわけにはいかない」と判断し、ポルトガルの空港に緊急着陸。着陸と同時に拘束された女につき、様子を見た乗客からは「ドラッグの影響で暴れたのではないか」という声も聞かれたという。

■女に下された実刑判決

このどうしようもない女が、英国にて出廷。裁判官は「泥酔していた上に薬物の影響を受けていた可能性が高い」「客室乗務員を乱暴に扱いパンツまで脱いだ」と女を叱責し、「乗客も恐ろしい思いをしたはずだ」として、懲役15ヶ月の実刑判決を言い渡した。

このニュースが報じられるなり、インターネットには「最低女」「丸出しを見てしまった者にとってはトラウマ級の惨事」という批判のコメントが多数書き込まれ、「緊急着陸に要した費用も女に支払わせたほうがいい」という声も上がっている。

旅に出るはずだった女がたどり着いた先は、皮肉にも刑務所だった。

・合わせて読みたい→過呼吸や遺書を書く乗客も 緊急着陸を決めた旅客機が8800mも急降下

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

泥酔女が機内でパンツを脱ぎ大暴れ 緊急着陸の末に逮捕