(takasuu/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

12歳の少年がハンマーなどを持った複数の少年らに囲まれ、投げ倒された上に凄まじい暴行を受ける事件が発生した。負傷して帰宅した男児が両親に見せたのは、SNSにアップされた暴行動画。警察もすみやかに捜査を開始し、4人の少年たちを逮捕した。

■喧嘩がエスカレート

10月5日のこと、英国レスターにある公園で、12歳の男児が複数の少年たちに一斉に殴りかかられた。

男児の父親によると、この日少々ショックを受けた様子で帰宅した男児は、「喧嘩しちゃった」「アイツら、ハンマーまで持っていたんだ」と両親に告白。

体にはアザができ頭にはいくつもコブができていたといい、驚いた両親は男児に対し「外では十分に気を付けなさい」と注意したという。

関連記事:6歳児が建物10階から放り投げられる 生還から1ヶ月経つも体は動かず

■公開された暴行動画

その翌日、少年たちが男児を暴行する様子の一部始終をとらえた動画を何者かがSNSで公開した。

「息子を襲った奴らの仕業ですよ」とメディアに語った父親は、「被害を受けたうちの息子が、僕と妻にその動画を見せたのです」「見た瞬間に、私は思わず号泣してしまいました」ともコメントしている。

その後に通報を受けた警察も捜査に乗り出し、動画を確認した上で少年たちの特定と逮捕に向けて動き始めた。

■暴行動画の内容に震撼

その動画には、同じく子供と思われる撮影者の「ヤバい、ヤバい」という声、また少年らが怯えた様子の男児に一斉に近寄り地面に押し倒す様子、男児の頭や体を勢いよく蹴りあげ踏みつける様子も残っていた。

男児が体を丸めたまま頭を抱え必死に痛みに耐える一方で、ハンマーやBB銃を持った少年たちは躊躇する様子もなく一斉に暴行。その様子をとらえたものとみられる動画がSNSにて公開されたことも、警察の調べにより「事実である」と判明している。

■逮捕された4人の少年たち

その後、警察は13歳~14歳の少年たち計4名を「暴行に関わった容疑がある」として逮捕。動画がSNSにて公開されたことにも言及した上で、「すでに保釈しました」「犯行に利用されたBB銃は押収しました」と発表している。

さらに学校や保護者とも協力し合っているほか地域のパトロールも続行中だとも公表しているが、「それで十分なのか」「刑務所にぶちこんでおけ」という声も少なくない。

頭部をも執拗に踏みつけられた男児が死亡する最悪のケースに至らなかったことだけは、不幸中の幸いだったが。

・合わせて読みたい→高校生の死亡動画がSNSで拡散 「苦しんだ末に亡くなった」と家族は怒り

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

少年の頭を踏みつける暴行動画が拡散 父が号泣「ひどすぎる」