国際親善試合が13日に行われ、エクアドル代表とアルゼンチン代表が対戦した。

 リオネル・メッシセルヒオ・アグエロアンヘル・ディ・マリアら不在のアルゼンチンは20分、左CKからルーカスアラリオがヘディンシュートを沈めて先制に成功した。

 さらに27分にはマルコス・アクーニャのクロスが相手DFジョン・エスピノーザのオウンゴールを誘って追加点。30分にはラウタロ・マルティネスが倒されてPKを獲得すると、32分にレアンドロ・パレデスがゴール左に決めて、リードを3点に広げた。

 エクアドルは後半の立ち上がり49分、左サイドのFKでアンヘル・メナが直接ゴール右隅に突き刺して一矢報いる。しかしアルゼンチンは66分、左サイドのFKからヘルマン・ペッセッラが頭で合わせて、リードを3点に戻した。

 さらにアルゼンチンは82分、ニコラス・ドミンゲスエリア前中央から右足シュートゴール左隅に突き刺して追加点。86分にはルーカスオカンポスがエリア右から右足で蹴り込み、ダメ押しの6点目を挙げた。試合はこのまま終了し、アルゼンチンエクアドルに圧勝で南米対決を制した。

スコア
エクアドル代表 1-6 アルゼンチン代表

【得点者】
0-1 20分 ルーカスアラリオアルゼンチン
0-2 27分 オウンゴールジョン・エスピノーザ)(アルゼンチン
0-3 32分 レアンドロ・パレデス(PK/アルゼンチン
1-3 49分 アンヘル・メナ(エクアドル
1-4 66分 ヘルマン・ペッセッラ(アルゼンチン
1-5 82分 ニコラス・ドミンゲスアルゼンチン
1-6 86分 ルーカスオカンポス(アルゼンチン

アルゼンチンがエクアドルに圧勝 [写真]=Getty Images