腸は「第二の脳」と呼ばれるほど、心身の健康を維持するために重大な役割を担っています。

今回は手軽に行える腸活の方法をご紹介します。腸内環境を整えて、健やかな毎日を手に入れましょう。

心身の健康を司る腸内フローラとは?


腸には100兆個ほどの細菌が生息し、その重さは1kgにもなるといわれています。腸内細菌は種類ごとにグループを作ってまとまり、腸壁に棲みついています。その様相がお花畑のように見えることから「腸内フローラ(花畑)」と呼ばれるようになりました。

腸内フローラを形成する細菌は大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見ひよりみ)菌」の3種類があり、それぞれ働きが異なります。

身体に良い働きをするのが善玉菌です。腸内環境を整えて、お腹の調子を整えます。反対に身体に悪い影響を及ぼすのが悪玉菌です。日和見菌は中立的な立場で、善玉菌が優勢になると身体に良い働きをし、悪玉菌が優位に立つと悪い働きをします。

つまり、心身を健康に保つには、腸内フローラを整えて善玉菌を優勢に保つ「腸活」をすることが大切なのです。

・合わせて読みたい→
おからの驚くべき効果効能(https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-surprising-okara/)

腸内環境を整えるには?

腸活の方法として、次の3つが挙げられます。どれか一つ欠けても健康的な腸内環境づくりはできません。バランス良く行うことがポイントです。

目覚めたらコップ1杯の水を飲む

水分不足は便秘の原因のひとつです。朝起きたらコップ1杯の水を一気に飲みましょう。腸が刺激されて動きが活発になります。ただ、あまりに冷たい水だと、飲むと身体を冷やしてしまいます。常温の水か白湯がおすすめです。

善玉菌を増やす食事をとる

ヨーグルトぬか漬け、納豆、キムチなどの発酵食品には、善玉菌が多く含まれています。また、食物繊維やオリゴ糖は善玉菌のエサになるため、腸内環境の改善に役立ちます。これらを多く含む食品を組み合わせてとることで、相乗効果が期待できるでしょう。

適度な運動をする

適度な運動は、腸のぜんどう運動を促します。ウォーキングやヨガ、水泳などの運動を取り入れてみましょう。腸に刺激を与える腰回し運動などもおすすめです。

<腰回し運動のやり方>
1.足を肩幅に開いて、腰に手を当てる
2.大きく円を描くように腰をゆっくりと回す
3.左右10回ずつ行う

【参考文献】
「腸内フローラを整える方法!腸活!」ビオフェルミン製薬株式会社
https://www.biofermin.co.jp/nyusankin/chonaiflora/adjust/
(参照 2019-09-02)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

その不調、腸内環境が原因かも?