ユーロ2020予選グループE第8節、ウェールズ代表vsクロアチア代表が13日に行われ、1-1で引き分けた。

3日前のスロバキア代表戦を1-1で引き分けた4位ウェールズ(勝ち点7)と、ハンガリー代表に3-0と快勝した首位クロアチア(勝ち点13)の一戦。

ベイルダニエルジェームズ、B・デイビスらを先発で起用したウェールズと、モドリッチやペリシッチコバチッチらを先発で起用したクロアチアの試合は、立ち上がりからクロアチアボールを保持していく。

すると9分、ブレカロがドリブルで左サイド高い位置まで持ち上がり、ペトコビッチへパス。ボックス内のペトコビッチラストパスを送り、ボックス中央のヴラシッチダイレクトで放ったシュートゴール左に決まった。

先制したクロアチアはさらに13分、ペリシッチがヘディンシュートでオンターゲットを記録するも、GKヘネシーファインセーブに阻まれた。

その後もクロアチアが試合をコントロールしていたが、追加タイム3分にウェールズが追いつく。ベン・デイビスのラストパスを受けたベイルがボックス左に侵入。DFを交わしてシュートゴール右にねじ込み、前半を1-1で終えた。

迎えた後半、コバチッチに代えてラキティッチを投入したクロアチアが引き続きボールを持つ流れとなるも、こう着状態が続いた。

敵地で引き分けでも悪くないクロアチアボールを握る中、ウェールズは攻撃の形を作り出せない。

結局、後半は両チーム決定機なく静かな展開で推移。勝ち点1を分け合い、クロアチアは首位をキープウェールズは4位のままとなっている。

グループE順位表
[勝ち点/試合数/得失点]
1.クロアチア[14/7/8]
2.ハンガリー[12/7/-1]
3.スロバキア[10/6/2]
4.ウェールズ[8/6/0]
5.アゼルバイジャン[1/6/-9]

サムネイル画像