女優の黒崎レイナが、ファースト写真集「麗(うらら)」(ワニブックス)発売イベントに出席。囲み取材に応じた黒崎が、撮影エピソードの他、今後の目標などを語った。

【写真を見る】キュッとくびれたスタイルがお気に入り

撮影のために体作りにも励んだという黒崎。「女性らしい体のライン…丸みを意識したくて、体質的に固太りで筋肉質になりやすいので、すごい運動というわけではないんですけど、有酸素運動、そしてダンスフラフープを中心にしました。

睡眠もしっかり取って、食事もバランス良く食べました。くびれラインを出したいと思って、初めての水着、そしてランジェリー姿、シーツ姿もあったので、いかにきれいに見せるかが大事でした(笑)。今?維持?できてます!!

このワンピースくびれを強調するワンピースなんですけど、バッチリです!!」と胸を張った。

黒崎は1998年11月11日生まれ。愛知県出身。記者からは「二十歳の間にやり残したことは?」との質問も寄せられた。

スキーをしたりスノボをしたり、あとスカイダイビングをしたいなと思っていたんですけど、それは後になっちゃうかなと(笑)。でもずっとやりたかった夏祭り、花火を見に行く、海に行くとか、そういう願いはかなえられました。あと、山にも登りました」と、アクティブな一面をのぞかせた。

また、今後の女優としての目標については「ドラマとか映画に出させていただいて、今までは“重い役”とか、映画ではマドンナとかいろんな役をさせていただいて、次は…学園ドラマとか、クールな役からしっとりしたお嬢さまみたいな役とか。

そしてサイコパス系の役、非現実的な役もやってみたいなと思います。学生役が多かったので、OLさんの役とかもやってみたいです。舞台にも挑戦していきたいなと思います」と目標を掲げていた。(ザテレビジョン

黒崎レイナが写真集発売イベントに出席