シンプルタッチで相手を攻略、共通する初速のスピード

ファンタスティックだった。止めようとしたが不可能だった」

 モンゴル代表のミヒャエル・ワイス監督が「思わず拍手したくなるぐらい」と、中島翔哉について試合後に話していた。

 なんで、あんなに簡単にドリブルで抜けるんだろう? そういう選手が何人かいるが、中島もそのなかの1人だ。

 ディエゴ・マラドーナは左足の前にボールさらしておいて、インサイドボールを弾くように右前へ抜けていくドリブルが十八番だった。左足首のスナップの利いたドリブルは独特だが非常にシンプルで、なんであんなに簡単に抜けるのか不思議だったものだ。

 リオネル・メッシの、走り出したら止まらないドリブルも特殊だ。右から左へ斜行しているだけなのに、なぜか誰も止められないし追いつかない。場合によっては、なぜかその途上でDFがバタバタと倒れていく。

 マラドーナが憧れたというロベルトリベリーノの“エラシコ”も印象的だった。後にロナウジーニョが復活させて有名になった「アウト→イン」の連続タッチは、もともとセルジオ越後の得意技をリベリーノが真似したのだという話も聞いたことがある。

 オールファンにとって、ドリブルの天才と言えばジョージベストだろう。切り返しのキレ味が抜群だった。特に複雑なフェイントをかけているわけではないが、リズムの変化とワケの分からないボディバランスで次々に相手を抜いていった。

「結局、速いからね」

 リベリーノに例のエラシコを食らったことがあるという風間八宏によると、「ただ、足先でやってるんじゃなくて、最初のタッチがすごくデカイ。目の前にボールが来てから戻っていくから足が出てしまう」という。

 エラシコの場合はタネがはっきりしているので、「二度目はかからないけどね」(風間)というが、確かに全員速い。最初の1、2歩が本当に速い。ただ、10メートル以上走ったらそんなに速くない。永井謙佑は3歩以上走らせたら誰も追いつけないぐらい速いが、中島は距離を走るとそこまで速い感じはない。初速と加速の違いなのだろう。

完璧な選手ではないが…この才能がある限り中島は何かを生み出せる

 中島の場合は右足でボールを押し出した瞬間にクッと速くなるので、たぶん軸になっているほうの左足の踏み替えと送り出しが速くて強いのだと思うが、結局のところよく分からない。よく分からないが、抜けるのだけは分かる。そういう選手が一番厄介なのだと思う。ドリブルで抜く、逆を取るメカニズムが分かれば、相手もそれなりの対応はできるが、ごく普通にやっているのに止められないというのはどうにもならない。

 サイズの小ささも、相手にとっては間合いを取りづらいのだろう。マラドーナメッシリベリーノ、ベストは皆小柄だ。もしかすると、ドリブルに向いたサイズ感というものがあるのかもしれない。

 中島は時々やりすぎてしまうし、守備もあまり上手くない。パーフェクトなプレーヤーではない。ただ、この才能がある限り中島は何かを生み出せるし、見ていても楽しい。たぶんプレーしていても楽しいと思う。欠点もあるが長所も“デカイ”中島を、どう扱っていくか。森保一監督と日本サッカーは試されているのではないか。(西部謙司 / Kenji Nishibe)

“不思議系ドリブラー”に挙げられた3人【写真:Getty Images】