ロボットの開発・提供を手掛ける株式会社オリィ研究所(東京都港区)は、10月7日から10月23日の期間中、東京都・大手町の大手門タワーで、難病や重度の障害により外出困難な人が分身ロボットを操作して遠隔接客を行う「分身ロボットカフェ DAWN ver.β 2.0」を開催している。

外出困難者にも就労機会

同社は2018年7月、テレワークで体を動かすことで、接客や肉体労働ができる分身ロボット「OriHime-D」を開発した。

2018年11月にはこのロボットを活用し、ALSなどの難病や重度の障害など様々な事情で外出が困難な人を対象に、自宅に居ながら働くことができる「分身ロボットカフェ」を試験的に開催。遠隔で、席の案内や配膳などの接客ができるようになった。

さらに、眼球の動作のみが可能であるALS患者も参加し、視線入力の意思伝達装置により、視線の動きだけで接客ができる可能性を実証したという。

出典:株式会社オリィ研究所プレスリリース

出典:株式会社オリィ研究所プレスリリース

新たな挑戦も

「分身ロボットカフェ DAWN ver.β 2.0」は、同社が、ALSの治療方法を見つける研究開発費を集める活動に取り組む「一般社団法人せりか基金」と連携して開催に至った。

メニューの説明や海外在住者の参加など、前回は実施に至らなかった新たな挑戦にも取り組んでいる。

カフェの利用者が小型の分身ロボットと対話ができる体験コーナーも設置し、これまで外出困難という理由で働くことを諦めていた人々が、「社会と繋がりを持って働く」ということを実現できるようになった。

開催期間中は、エンジニアが常駐し、参加者の声や気づきなどをもとに、日々カフェの内容を改良しているため、毎日異なるサービスを提供する可能性もあるという。

出典:株式会社オリィ研究所プレスリリース

出典:株式会社オリィ研究所プレスリリース

利用にあたっては、事前にクラウドファンディングでチケットを購入した人が利用できるが、空席が発生した場合に限り、当日券を各日朝10時より先着順で店頭販売しているという。

【分身ロボットカフェ 開催概要】

名称:分身ロボットカフェ DAWN ver.β 2.0
場所:東京都千代田区大手町1-1-2大手門タワー・JXビル1階「3×3 Lab Future」内
開催期間:2019年10月7日(月)~10月23日(水)11:00~17:00
※16日(水)、19日(土)、20日(日)はロボット調整日のため休み
※13日(日)は台風19号接近のため営業休止

病気や障害で外出が困難な人が「分身ロボット」で仕事をするカフェが期間限定で開店中