世界の大学の中で就職に強い大学はどこか。大学トップ500ランキングが発表されたが、1位のマサチューセッツ工科大学(MIT)など、ベスト10には米欧・豪州・中国などの大学が並ぶ。

日本の大学で最上位の東京大学は、世界では23位。2位の早稲田大学も34位というありさま。いったい、日本の大学はどこが弱いのだろうか――。

6位清華大学、9位香港大学と中国・香港にも負ける

2019年10月7日に「卒業後に雇用に強い大学トップ500」を発表したのは、世界大学評価機関として名高い英国クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds=QS)。QS社では、大学と雇用関係を分析する方法として、次の5つの項目の独自データを使っている。

(1)その大学に対する世界中の4万4000社にも及ぶ雇用者の評価
(2)その大学の2万9000人の卒業生の活躍度
(3)その大学と主要企業との共同研究実績
(4)その大学の企業などの学内採用活動
(5)その大学の卒業生の就職率

これらの総合点で、「卒業後に雇用に強い大学」を選ぶわけだ。その結果、2019年トップに輝いたのは、マサチューセッツ工科大学(MIT・米国)。以下、2位スタンフォード大学(米国)、3位カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA・米国)、4位シドニー大学(豪州)、5位ハーバード大学(米国)、6位清華大学(中国)、7位メルボルン大学(豪州)、8位ケンブリッジ大学(英国)、9位香港大学(香港)、10位オックスフォード大学(英国)となった=表1参照

一方、日本の大学は、東京大学(23位)、早稲田大学(34位)、慶応大学(50位)、京都大学(53位)、東京工業大学(65位)、大阪大学(73位)、名古屋大学(98位)が上位100位に入った=表2参照

日本の大学の特徴は、指標の一つ「雇用者からの評価」が特に高いことで、たとえば、東京大学はこの指標別では世界15位だ。

「日本の大学はもっと就活に力を入れるべき」

QS社の調査責任者ベン・ソーター氏は、こう語っている。

東京大学は、国際的にも雇用者からの評判が高いため世界15位と高いランキングを獲得した。卒業生の活躍度でも世界19位に輝いた。一方、早稲田大学慶応大学東京工業大学一橋大学も、雇用者から高い評価を受けている。しかし、世界大学ランキングの順位とは大幅に相違しており、就職に焦点を当てている有望な学生に新たな視点を提供する結果になった」

つまり、順位を決める5項目のうち、(1)と(2)に関しては、日本の名門大学の点数は高かったが、(3)(4)(5)の就職に関する実践的な活動や、企業との共同研究活動などの面で、力不足だったというわけだ。

(福田和郎)

就職に強い世界大学ベスト10位