タレント出川哲朗10月15日(火)、都内で行われた“最もジーンズが似合う有名人”に贈られる第36回『ベストジーニスト2019』協議会選出部門を受賞し、表彰式に参加。出川は「ほとんどゴムのパンツしかはかないのに」と困り顔だった。

【写真】長谷川京子の大胆な美背中に見とれる出川哲朗

テレビ番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」などの番組に出演し、活躍する出川は「雨の日も風の日も暑い日も寒い日も、名物ディレクターゲストと共にジーンズを着用し、地球環境を意識した電動バイクで全国を旅されて、ジーンズの良さと人柄を伝え続けてきた」といった理由から選出。また、リアクション芸人として、いまでは“子どもからお年寄りまで愛されるキャラクター”として認知されていることも選考理由となった。

今回、出川は、お馴染みの電動バイクを手で押しながら、スイカ柄のヘルメットをかぶって、オーバーオール姿でステージに登場。“嫌いな男”ナンバーワン殿堂入りしている存在でもあるため、「正直、この賞と交わることはないと思っていたので、ベストジーニスト賞を受賞してリアルに驚いています。(同賞は)美男美女の人が取るイメージで」と謙遜しながら、「全国のユニークな顔、ユニークな体型の人に夢と希望が与えられたと思う」と、賞状を受け取る際に、深々と頭を下げた。

続けて、「ホント申し訳ない。ぶっちゃけ僕、プライベートで全くデニムをはかないので心苦しいんです。おうちにあるのは1本で、それも愛していなくて。ウエストが入らないので…。ほとんどゴムのパンツだけ」と自虐コメントを連発。

そして、同部門を受賞した長谷川京子に「びっくりするくらいいい匂いがする」と話しかけた出川。長谷川から「さっきから、ちょっと近づいてきていますよね」と、厳しく突っ込まれると、会場は笑いに包まれた。

この他、表彰式には、一般選出部門を3年連続受賞したHey! Say! JUMP中島裕翔、初受賞となる山本美月(一般選出部門)、E-girls(協議会選出部門、同グループからは代表者として楓が出席)が登場。さらに、ジーンズやスニーカーでの勤務を解禁し、ジーンズの普及に貢献したとして、協議会選出 特別貢献賞に、パナソニック代表取締役 専務執行役員/コネクティッドソリューションズ社 社長 樋口泰行氏が選出され、ステージに登場した。

また、新設された次世代部門では、第31回ジュノスーパーボーイコンテストにてDDセルフプロデュース賞を受賞し、“可愛すぎる”その見た目から各メディアを騒然とさせた、要注目の現役男子高校生、井手上漠と、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』でブルーリボン賞新人賞をはじめ、多くの新人賞を受賞している石橋静河が受賞。総投票数は歴代最多となる42万6516票だった。(東京ウォーカー(全国版)・平井あゆみ

『ベストジーニスト2019』協議会選出部門を受賞した出川哲朗