「さすが小泉進次郎と思った発言があるんです。私、拍手喝さいしましたよ。頑張れ! 小泉進次郎と」

 これは、先週11日に行われた衆議院予算委員会における立憲民主党辻元清美幹事長代行の発言だ。約2年半ぶりとなる予算委員会での質問となったが、“辻元節”は健在だった。一方、辻元議員に森友学園を巡る文書の改ざん問題に関する過去の発言を追及された小泉大臣の歯切れは良くなかった。

 辻元議員は小泉大臣に対してそのように切り出すと、“お聞きします”と続けて「なぜ書き換えたのか、何が真実なのか、やはり知りたい。真実、知ることができましたか」と言い放った。

 これに対して小泉大臣は「当たり前のこととして書き換えはあってはならない」と応じるも「ただ、いま安倍内閣の一員として、その内閣の方針の中で責務を全うすることは当たり前だ」と答えるにとどまった。

 この答弁に黙っていられない辻元議員は「ここまで啖呵切って、あなたの言葉で語ってください」と追い打ちをかけたが、当の小泉大臣は「いち個人として言っていること、議員の中で言っていること、それはいまも思いは変わりません。そして今、私は環境省を率いていますが、環境省の中でそういったことが決してあってはならないと思いますし、私自身は政治家として、官僚の皆さまに責任を押し付けることは決してしたくない。してはならないと思っています」と話した。

 小泉大臣の答弁に対して国際政治学者の舛添要一氏は「優・良・可でいうなら『可』だが、これしか言いようがない。私の時は政権交代があって、散々やっつけた長妻という議員が民主党時代の厚労大臣になって大変だった。ずっと自民党が続いているからこういうことが起こる。過去のことをいろいろ言われたら、何も言えなくなってしまう」と解説した。

(C)AbemaTV
「あなたの言葉で語って」小泉環境大臣、“辻元節”にタジタジ 舛添氏「対応的には『可』」