就活生(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「内定を取り消されました。生きたくないです」。『Yahoo!知恵袋』にこのほど、こうした書き出しから始まる投稿がなされた。

投稿主は大学4年。就職活動をしていたが、6月に企業から内定をもらい就活を終える。だがつい先日、スマホを水没させてしまい、手元にスマホが戻るまでの間に内定取り消しは発生してしまった。

■スマホ水没の事故の間に…

投稿主によると、スマホを水没させ手元に戻るまでの間に、内定式の出欠表と希望勤務店舗のメールが届いていたという。だが水没のため期限内に返信することができなかった。

期限が過ぎたのちに、スマホとは別のアドレスにもメールが来ていたことに気づき、わらにもすがる思いで急いで返信をした。

関連記事:内定辞退者の特徴から判明 現在の就活の「構造的問題点」とは

■採用担当者からの返信

だが翌日採用担当者から来た内容を投稿主は血の気が引くような思いで読んだ。

「期限までに返さないのは誠実さに欠ける」

「連絡が来ないから辞退かと思った

「配属先ももうない」

こうした理由から、内定を辞退してほしいという旨の電話が入った。

■内定取り消しに

謝罪と水没のことを繰り返し説明をしても、結局「無理だ」の一点張りは変わらず、内定は取り消されることになったという。

内定承諾書を提出し安心していた投稿主。「将来が真っ暗になるなんて思ってもいませんでした」と絶望している。

■賛否両論

回答では、会社勤めをしているとみられる人物からこのような反応が上がっており、賛否が分かれている。

社会人として納期を守るとかは当たり前のことなので、その企業さんが求める人材はそうした誠実な人材だったということなのではないかなと。そもそも、水没した時に企業さんに一報を入れましたか?」

「もし、本当に諦められないのではあれば悪あがきをしたほうが良い。その採用担当に会うべくアポを取って、事情と反省を伝える」

・合わせて読みたい→品川祐、相方・庄司に怒り爆発 「吉本興業が色々あったときも…」

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

内定を取り消されてしまった大学生 その理由に大人からは賛否両論