60代のイギリスに住む女性が「息子から押し付けられて飼い始めた」という犬が、英国動物虐待防止協会(RSPCA)の調査員によって保護された。女性本人から「体調不良で犬をこれ以上飼い続けることができない」と連絡を受けた調査員が目の当たりにしたのは、身体中が傷だらけのうえに毛が固まり、耳から膿を出して悲鳴をあげている悲惨な犬の姿だった。『Metro』『real fix』などが伝えている。

英国動物虐待防止協会(RSPCA)の調査員アリスクーパーさんは、ノースヨークシャー州マルトン在住のジーン・シンプソン(61)から「体調が優れない。飼い犬を引き取ってもらえないか」と連絡を受けて自宅を訪問し、ショックを受けた。ジーン2016年9月から約3年間飼っていたというビション・フリーゼの‟オスカー(Oscar)”は、全身の毛がガチガチに固まり、耳からは黄色、緑、黒のベトベトした液体が溢れ、それが顔にも広がっていた。足の爪も伸び、顔の固まった毛が目を覆い黒ずんだ目ヤニが固まっていた。

アリスさんは救出したオスカーの様子について、次のように語っている。

「女性の自宅でオスカーの状態をチェックしようと抱き上げようとしたのですが、身体中に傷があり撫でられるのでさえ嫌がって、鳴き声をあげていました。オスカーの耳は感染症に罹っており、獣医は最低でも6か月、長くて1年間は放置されていたと推測しています。また固まった毛に覆われ損傷が酷かったオスカーの片目は摘出せざるを得ず、もう一方の目も一生ケアが必要なようです。虫歯も酷く、17本が抜歯されました。」

オスカーのこれらの問題は、定期的なグルーミングや獣医の診察により防げたもので、この状態になるまで放っていた飼い主には怒りを覚えます。絡まり固くなったオスカーの毛のトリミングには麻酔が必要で、きれいになるまでに数時間を要したようです。刈られた毛は1キロにもなりました。」

獣医はオスカーの毛がここまで固まるには最低2年はかかると話しており、ジーンは動物に必要のない苦しみを与えたとして逮捕され、今月8日に12か月の執行猶予付き、12週間の禁固刑を言い渡された。一生動物を飼うことを禁止されたジーンは「グルーミングは自分がしていた。耳の感染症には気付いていたものの、獣医に診せるお金がなかった。こんな状態で助けを求めたら責められるのは分かっていたので、怖くてできなかった。もう動物を飼うことはない」と話しているという。

一方で保護されたオスカーは地元の動物シェルターに預けられた後、新しい飼い主が見つかっている。アリスさんは「引き取り手がないのではと心配していましたが、オスカーには愛情をたっぷり注いでくれる家族ができ、ひと安心しています」と述べ、こう訴えた。

オスカーの目はもう元には戻ることはありません。防ぐことができるケースだっただけに非常に残念です。もしペットを飼っていて自分の手に負えなくなったら、速やかにRSPCAに連絡して下さい。」

画像は『Metro 2019年10月13日付「Neglected dog’s fur was so matted vets had to remove his eye」(Picture: RSPCA /SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト