甚大すぎる被害を出した台風19号、名前はハギビスという「すばやい」という意味の単語がつけられていましたが、それとは別に日本政府が名前を付けるのは昭和52年にこちらもまた甚大すぎる被害を出した「沖永良部台風」以来42年ぶりの台風への命名となるそうです。その台風の名は「令和元年(地名)台風」という名前になる予定ですが、被害被った所が多すぎて地名はどこになるのか...?

命名台風

出典元:https://mainichi.jp/articles/20191015/k00/00m/040/190000c

台風が命名されるには「大規模な損壊1000棟以上、浸水家屋10000棟以上、相当の人的被害」という基準を満たす必要があるそうですが、今回の19号は文句なくそれに相当しますね...。最近命名された災害として記憶に新しいのは「平成30年7月豪雨」で死者263人とやはり未曽有の大被害でした。

でも名前どうするんだ?

やはりそこが引っかかりますよね。ハギビスの名の通りやたらに素早く通って行ったので被害地域が大きすぎるので地名では表せないと思うのですが...

どれになる?

どれが選ばれてもおかしくない...しかも丁寧にオッズまで考えてくれているパターン

こんなのどう?という提案パターン

たしかにこれでも覚えやすい。

他にも「今回の台風の進路が高速道路に乗ったかのようだったのでその名前にするのは?」などなど様々な意見がありましたが、こちらの命名来年の5月まで検討するそうです。

これほどの被害を出していった台風19号。最終的にどのような名前に命名されるのでしょうか...?

画像掲載元:いらすとや



画像が見られない場合はこちら
台風19号42年ぶりに命名され、早速ネットに候補名多数あがる。