詳細画像はこちら

駐車支援システムに注目

textAUTOCAR JAPAN編集部
photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)、トヨタ自動車

世界初公開されたトヨタ新型ヤリス。従来のヴィッツから名称を変えた新世代モデルは、TNGAコンパクトカー向けプラットフォームを初採用するなど、注目点が多い。

ここでは、トヨタ初となる高度駐車支援システムアドバンスト・パーク」について紹介したい。並列・縦列駐車を支援するほか、世界初となる「白線のない駐車場におけるメモリ機能」を搭載している。

詳細画像はこちら
アドバンスト・パークの起動スイッチは、センターコンソール上のステアリングマークボタン

アドバンスト・パークというのは、簡単で素早い駐車を行うために、ステアリングスロットル、ブレーキクルマが制御する駐車支援システム。この“素早い”というのが、本機能のセールスポイントだ。

白線ありの場合 操作手順

白線などで区切られた駐車枠の操作手順は、下記のようになっている。

1. 駐車スペースの横に停車し、起動スイッチを押下。
2. ディスプレイの俯瞰ビューに、自動認識されたスペースが表示。「開始」を押下。
ヤリスが前進・首振りし、切り返しなしで入庫できる位置に停車)

詳細画像はこちら
アドバンスト・パークの操作画面。「開始」をタッチするとヤリスが動き出す。

3. 音声に従い、リバースシフトする。
ヤリスが操舵・移動を制御し、スムーズに駐車を行う)
4. 最後にシフトをパーキングに入れて駐車完了。

縦列駐車の場合は、1.のあとに、自動認識されたスペースが俯瞰ビューに「P」マークで表示されるので、希望の枠を押下する操作が加わる。

続いて、白線がない環境での操作を説明しよう。

白線なしの場合 初回手順

アドバンスト・パークの「メモリ機能」は、世界で初めて、白線などの目印がない枠でも駐車位置を記憶するというもの。初回操作時には、駐車したい位置を登録する必要がある。

具体的には、白線などが存在しないスペースについて操作する機能とあって、前述の手順1.のあとに「駐車できる場所が見つかりません」とディスプレイに表示されるところから始まる。

詳細画像はこちら
白線がないスペースでは、どの種類の駐車をしたいか選択する。メモリ登録すれば、次回から駐車支援を受けられる。

そこで、4通りの駐車方法(左側に並列駐車、右側に並列、左側に縦列、右側に縦列)から、希望のものを選択することで、白線がないスペースに駐車する意思を伝える。これで、駐車したい場所がいったん仮登録されるわけだ。

白線なしの場合 2回目以降

続いて、白線などがない場所にシステムが駐車を行う。そのまま「登録」を押下すれば、次回から目立った目印がなくても、同じ位置に駐車できるという流れだ。

本機能は、「白線がない駐車場でこうした支援機能を使いたい」という声に応えて開発が進められたもの。

詳細画像はこちら
新型トヨタヤリスプロトタイプ、上級グレード「Z」の内装。

初回は自分が停めたいスペースを登録する操作を伴うが、次回以降は、そのスペースを自動認識して、ワンボタンで駐車支援を受けることができるわけだ。

システムの仕組み・疑問点

アドバンスト・パークの「メモリ機能」は、システムが見ている映像のなかの特徴を記憶するという仕掛け。

言い換えると、見渡すかぎり真っ平ら、なんていう場所では使えない。

詳細画像はこちら
ヤリスZ(プロトタイプ)の外観。外装色は新開発のアイスピンクメタリック

では、真っ暗な場所ではどうだろう? 前後方向はヘッドランプ/テールランプが照らすので問題ない。車体側面はというと、ボディサイドに搭載された赤外線LEDを照射するので状況を認識できるという。

つまり、夜間でも問題なく機能するのだ。

また、安全上の配慮からパレット式のパーキングなどは本機能の対象外とされているが、開発陣の話では、一般的な運転で出会う駐車枠は「ほとんどの状況で使える」という。

なお、メモリ機能は3箇所まで登録することができる。

他社の駐車支援とどう違う?

他社の駐車支援システムと大きく異なるのは、切り返しをしない駐車を目標に開発されていること。素早くスムーズに駐車すること、つまり日常使用に耐えるシステムを目指している。

駐車時の速度は、設定メニューのなかに「駐車速度」という項目が存在し、「速め」「標準」「遅め」を選択できる。

詳細画像はこちら
アドバンスト・パークヤリスが駐車操作に入っても、周囲360°を監視してくれる。

また他社のシステムでは、パーキングブレーキ操作まで自動で行うものもある。しかし、ヤリスは電動パーキングブレーキを搭載していないので、ドライバーが行う。後退時にリバースシフトする操作も人間が行う必要がある。

安心なのは、駐車支援で車両が動いている間も、周辺360°を監視してくれること。例えば、子どもが車両の後方に現れたら、警告音/メッセージとともにブレーキが作動する。

日本発売 来年2月

メモリ機能を含むトヨタ初の高度駐車支援システムアドバンスト・パーク」は、新型ヤリスハイブリッド車オプションとして設定される見込みだ。

また、アドバンスト・パークというシステムは、超音波センサーカメラを利用しているため、「パノラミックビューモニター」と「インテリジェント・クリアランス・ソナー」も必要になる。

詳細画像はこちら
ヤリスZ(プロトタイプ)の外観。外装色は新開発のアイスピンクメタリック

新型ヤリスの日本発売は、2020年の2月中旬を予定している。今回紹介したアドバンスト・パーク以外にも、最新の安心安全・先進技術がコンパクトカーに搭載されるとあって、小型車のマーケットで話題を呼びそうだ。


トヨタの記事
新型トヨタ・ヤリス 技術担当者に質問 ハイブリッド、どこが改善された? ガソリンは継続?
トヨタ新型ヤリス 世界初、白線なしの駐車枠をメモリ 「アドバンスト・パーク」とは
新型ヤリス ヴィッツがTNGAで刷新 サイズ/内装/エンジン/安全装備 トヨタが目指す最高のコンパクトカー
9月に売れた日本車 マツダ3、8月から倍増し7533台 マツダ2も伸びる

■自動運転の記事
トヨタ新型ヤリス 世界初、白線なしの駐車枠をメモリ 「アドバンスト・パーク」とは
トヨタLQ 眠気を会話で抑制「YUI」/自動バレーパーキング/自動運転EV
アウディAI:トレイル・クワトロ 悪路でアシスト アウトドア視野のコンセプト
アップル・カープレイなどスマホ投影システム 無料の終焉近く 自動運転装備も課金制に?

トヨタ新型ヤリス 世界初、白線なしの駐車枠をメモリ 「アドバンスト・パーク」とは