初心者や高齢者には必須! いまどきクルマの神装備「コネクティッドサービス」の重要性とその中身

コネクティッドサービスは「通信料」が重要

 WEB CARTOPでは、以前にもより安心快適なドライブ、カーライフサポートしてくれる自動運転の前に、より多くのクルマに取り入れてほしいと思っているクルマのコネクティッドサービスを紹介してきたが、2019年末からさらなる「つながる」サービスが充実、拡大してくることになりそうだ。

 これまでの「つながる」サービスは、国産車ではレクサストヨタクラウンRAV4プリウスなど、一部のメーカーの一部のクルマに限られていた。しかし今春、日産デイズ軽自動車に初めて専用通信機器の搭載を開始し、日産コネクト専用ナビを装備することで、オペレーターサービスや緊急時、あおり運転対策にもなるSOSコールを用意。軽自動車の先進の便利さと安心を一気に高めてくれたのだ。

 また、新型RAV4DCM=専用通信機器を全グレードに標準装備し、ヘルプネットSOSコール)を用意。大きな話題になり、販売絶好調の一因となっている。

つながるサービス

 その後、マツダ3もマツダコネクトとして、オペレーターサービス(現時点で利用できるサービスは限定的で緊急時のみ)を導入。この冬に登場する注目のコンパクトカーにも、オペレーターサービスSOSコールが用意されるとの情報もある。

つながるサービス

 それらのうち、専用通信機器(ドコモやau、ソフトバンクSIM)を備えているタイプは、トヨタのT-コネクトナビの通信料3年間無料、4年目以降有料、日産コネクトナビの通信料10年間無料というように、一定期間、通信料を気にせず使えるのが大きな魅力となっている。

 一方、手持ちのスマホを接続して使うシステムでは常時接続をする、しないは自由だが、利用時の通信料はスマホの契約容量のなかから使うことになり、大容量契約でないと心配……という声が上がりそうだ。

 しかし、スマホ接続タイプでもいよいよ時代に見合ったコネクティッドサービスが登場することになった。それは、意外!? と言っては失礼だが、ダイハツ2019年内に発売予定のDNGA第二弾の新型車から提供する「ダイハツコネクト」である。

つながるサービス

イザというときに助けてくれる人がいる安心感は絶大

 何が新しいかと言うと、純正のディスプレイオーディオやナビゲーションシステムスマホを接続することで、つながる安心としてコールセンターにつながり、オペレーターが対応してくれるのはもちろん、クルマスマホを接続する際、なんと車内Wi-Fi機能を利用できるようになるというのだから、画期的なのである!

具体的には、「ダイハツコネクト」対応車載機の購入者を対象に、サービス利用開始から3年間、1GB/月のデータ容量を無料提供してくれるというサービスだ。コネクトサービスの利用のほか、後席でのスマホタブレットなどの使用による、乗員の通信料金負担軽減にも役立つことになる。もちろん、より多くの通信量が必要なユーザーには、さまざまな有料プランの準備も予定されているという。

つながるサービス

 ダイハツコネクトサービス内容は、ドライバーやその家族などのスマホダイハツコネクトアプリインストールすることで、もしものときの安全・安心を提供する「つないでサポート」、クルマドライバーを見守る「見えるドライブ」、クルマの状況をスマートフォンから確認できる「見えるマイカー」、クルマメンテナンス管理をサポートする「つないでケア」の4種類のサポートとなる。

つながるサービス

 万一の際にはスマホGPS機能がONになっている前提だが、口頭で説明することなく、オペレーターが自車位置を遠隔確認できるので、故障・事故現場やあおり運転を受けている場所を特定でき、いち早い救援が可能になるわけだ。

 こうしたコネクティッドサービスについては、間もなく開催される、第46回東京モーターショー2019のひとつの目玉となるはずで、クルマの機能の近未来が一気に現実化されるのを、会場の随所でぜひとも確かめてほしい。

 個人的には、これからのクルマ選びとして、衝突安全性能の高さ、夜間の歩行者などにも対応する自動ブレーキブラインドスポットモニター、誤発進抑制を含む先進安全運転支援システムに加え、”手放し運転以前”に、コネクティッドサービスの可否こそ、重要になってくると思っている。ドライブ、カーライフの安心感が(初心者、高齢ドライバーにはとくに)まるで違う次元になるはずだからだ。

つながるサービス

つながるサービス

つながるサービス

つながるサービス

つながるサービス

つながるサービス

つながるサービス

つながるサービス

初心者や高齢者には必須! いまどきクルマの神装備「コネクティッドサービス」の重要性とその中身