「ポケットモンスター ソード・シールド」の新情報として、ピカチュウリザードンなどのポケモンキョダイマックスした状態の姿が公開されました。

【別角度画像】縦に伸びたニャース

 ソード・シールドの目玉システムである「ダイマックス」は巨大化し能力値が上がる効果がありますが、一部のポケモンはその姿も変化し、専用のわざを使用できるようになる「キョダイマックス」もできるとされていました。これまでキョダイマックス化できることが判明していたのはアーマーガアカジリガメなどでしたが、初代ポケモンから登場する人気ポケモンたちもキョダイマックス化できることが判明した形です。

 今回キョダイマックスできることが判明したのは「リザードン」「ピカチュウ」「イーブイ」「ニャース」「バタフリー」。炎をまとったようなリザードンしっぽが光り輝くピカチュウ、よりもふもふ感の増したイーブイ、巨大な羽の生えたバタフリー、そして驚くほど胴体部分の長いニャースなど、これまでとは一味違うデザインとなっています。

縦長すぎるニャース