Image: ドン・キホーテ

HDMI入力があるんだよ!

超低価格なノートPCタブレット、完全ワイヤレスイヤホンなど、ガジェット業界に価格破壊という一石を投じまくっている、ドン・キホーテオリジナルブランド情熱価格」。今度は液晶ディスプレイ一体型PC「MONIPA(モニパ)」が登場しました。価格は2万9800円(税別)! さあどうだ!!

ざっとスペックを記しておきます。

CPUAMD A4-7210

グラフィックAMD Radeon R3 Graphics

ストレージ:eMMC 64GB(増設可能)

メモリ:4GB(増設・交換不可)

ディスプレイ:21.5インチ非光沢IPS液晶

解像度:1920×1080ドット

スピーカー:2W×2

microSDカードスロット

うむ。情熱スペックCPUは4年くらい前のもので、性能的にはあまり期待できませんね。Intelで言うとCeleronクラスかな。メモリが増やせないというのも残念。ただし、インターネットを巡回したり、YouTubeでの動画再生くらいならこなせそうな感じですね。

ちなみにWindows 10はSモードになっているようです。

ただ、ひとつ気になっているところがあるんですよ。それはHDMI入力端子があること。ということは、BDプレーヤーとかゲーム機とか接続して使えるということ。

正直、どのくらいのクオリティディスプレイなのかわからないのでなんとも言えないのですが(遅延が大きかったらゲームには向かないでしょう)、ちょっとサブのディスプレイ欲しいなという人にとっては、割と選択肢に入ってくるかもしれません。

パソコンとしてはちょっとアレでも、外部ディスプレイとして使えるんならいいんじゃね?って感じで。

Image: ドン・キホーテ

10月11日よりドン・キホーテ店舗で順次発売中ということなんですが、うちの近所のMEGAドンキにもあるかなー。あとで見に行ってみようかしら。

リビングとかに、ちょっとパソコン置いておきたいなという人なら、もしかしたらマッチするかもしれませんね。

Source: ドン・キホーテ via 価格.com