10月3日に引退を発表した、埼玉西武ライオンズ大石達也投手。2010年ドラフト会議において6球団から1位指名を受け、大きな話題となったことは記憶に新しい。

「早大3羽ガラス」と呼ばれ、斎藤佑樹北海道日本ハムファイターズ)、福井優也東北楽天ゴールデンイーグルス)とともに活躍が大いに期待されてのプロ入りだった。あれから9年が過ぎ、それぞれがプロでの足跡を刻むも、大石はユニフォームを脱ぎ、斎藤、福井の両投手もベテランとしての立ち位置を迎えている。

大石達也
※画像は公式サイトより
「3羽ガラス」そして「ビッグ3」。1つの集団や世代の中で特に優れた3人のことを指すこれらの表現。しかし、輝かしい実績を携え、プロ入りを果たした若きプレーヤー3人全員が、華やかなキャリアを築く極めて稀だ。

 スポーツライターの佐藤文孝氏が、過去から現在まで、各時代の「3羽」で括られた実力者たちを振り返る(以下、佐藤氏寄稿)。

昭和年代屈指の「法政3羽ガラス」

法政大
『若き日の誇り ~法政大学野球部黄金時代~ 松永怜一、田淵幸一山本浩二、山中正竹』(スポーツニッポン新聞社)
 1968年ドラフト会議は「法政大3羽ガラス」が主役となった。「Mr.赤ヘル」と呼ばれ大卒で史上唯一人、500本塁打を記録した山本浩二、阪神の主砲として本塁打王タイトルも獲得した田淵幸一は、いずれも選手のみならず、監督としての実績も積み上げた。

 もう一人は南海ホークス内野手として入団した富田勝。山本、田淵のような突出した実績はないものの、プロでは13年のキャリアを歩む。ホークス入団2年目には全試合出場を果たし、23本塁打を放つなど当時の選手兼監督だった野村克也らとともに打線の軸としても活躍した。

 その後、富田は巨人、日本ハムなどのユニフォームを着る。日本ハムへのトレードでは張本勲の交換要員(2対1)となったことが、その実力の高さを物語っている。大学時代から守備の名手としても鳴らし、プロでも数多くのポジションをこなした。

 山本、田淵との3羽ガラスは昭和のプロ野球を彩った、まさに同じ釜の飯を食った仲間でもあった。

高校ビッグ3は今でも個性を発揮



 北海道日本ハムの四番打者・中田翔大阪桐蔭高)、千葉ロッテマリーンズ唐川侑己(成田)と共に「高校ビッグ3」として、2007年ドラフトで5球団から1位指名を受けたのは佐藤由規仙台育英高)

 東京ヤクルトスワローズに入団すると、1年目から一軍のマウンドに登る。3年目には二桁勝利を挙げ、期待通りの実力を発揮。さらに球速161kmを記録するなど本格派右腕として球界にその名を轟かせた。翌年も先発投手として活躍するも、以降は怪我により登板機会を減らしていき、2018年オフにはヤクルトから戦力外を通告され退団、今季は東北楽天と育成契約を結んだ。

 9月26日シーズン最終戦の9回に移籍後初、実に481日振りの一軍マウンドに立ち、打者3人を抑える。それは来シーズン、再びその雄姿がみられることへの期待を膨らませるに相応しいマウンド姿でもあった。

 日本ハムの主軸として今なお存在感をみせる中田翔、入団1年目から途切れることなく勝ち星を挙げ続け、今季はリリーフ転向で輝きを取り戻しつつある唐川とともに、高卒ビッグ3と呼ばれた彼ら3人のストーリーは、キャリアの折り返しを過ぎても、もうしばらく紡がれていくはずだ。

プロに挑む「東洋大3羽ガラス」



 2018年ドラフトで入団、つまり今シーズンルーキーとして戦い、それぞれが1年目からしっかりと爪痕を残したのは「東洋大3羽ガラス」との異名で呼ばれた3人の若きプレーヤーたちだ。

 ソフトバンクホークス甲斐野央(かいの ひろし)は開幕戦からリリーフでの登板を果たすと、年間を通して救援陣の一角として存在感を存分に示した。速球とフォークボールを武器に、登板した投球回を大きく上回る奪三振数を記録するなど前評判通りのパフォーマンスを披露した。先のクライマックスシリーズでも2勝を挙げ、ホークスの連続日本一へ向け、もはや欠くことのできない存在にまで登り詰めた。

 横浜DeNAベイスターズ上茶谷大河(かみちゃたに たいが)もシーズンを通して一軍のマウンドに登り続けた。大学時代には奪三振リーグ記録を樹立し、鳴り物入りドラフト1位入団。プロ1年目から完封勝利も記録、先発ローテーションを守り抜き、7つの勝ち星を得て、DeNAのAクラス入りに大きく貢献した。先発投手として来季のさらなる飛躍が期待される。

 シーズン後半に一軍昇格、その後4勝を挙げる活躍をみせたのが中日ドラゴンズの梅津晃大だ。8月の初昇格後の初登板から、たて続けに先発として3連勝。特にリーグ覇者の巨人からは2勝をもぎ取り、最後の登板となった9月25日ヤクルト戦では6回を投げ無失点、3安打に抑える今季最高の内容で締めくくっている。

 低迷が続くドラゴンズの未来を背負う存在である梅津だけでなく、甲斐野、上茶谷とともに2年目以降のピッチングに、より大きな注目が集まることは間違いない。

TEXT/佐藤文孝>

【佐藤文孝】

新潟県在住。Jリーグプロ野球大相撲サッカーW杯、オリンピックなど多くのスポーツの現場に足を運び、選手、競技から伝えられる感動を文章に綴っている

※佐藤由規twitterより