climate-change-3835520_640_e


 「今年の夏”は”、異常に暑かった」から「今年の夏”も”、異常に暑かった」と口にする人が増えて何年になるだろう。

 世界中の土地温度は、私たち人間が活動する結果として加速される地球温暖化の影響で、過去50年で0.9℃上昇しているという。

 今回、アメリカにある気候研究所が、世界中の気象観測所からデータ収集をしたところ、今年の夏だけで観測史上、396件の気温記録が更新されたことが明らかになった。

―あわせて読みたい―

世界が暑い。クウェートで54.0℃を記録。暑すぎてガソリン給油キャップを開けたら爆発
道路標識の文字すら溶けるレベル。たぐいまれなる熱波が襲ったアメリカ・アリゾナ州の様子がわかる投稿写真
「我々は未だかつて経験したことのない猛暑を次々と体験することになる」は本当だった。2018年上半期ですでに気候変動問題が明確に
今年の夏が暑すぎるのは日本だけではなかった。熱波による世界各地の影響
ヨーロッパを襲った強烈な熱波。ドイツ、ベルギー、オランダで史上最高気温が記録される

北半球が迎えた記録的な夏

 英メディアによると、北半球は今年も記録的な夏を迎え、合計396か所で史上最高の気温が記録された。

 その多くは、6月と7月にヨーロッパで発生した極端な熱波の最中に記録されたもので、フランスドイツイギリスの何百もの気象観測所では、温度計の水銀が前例のないレベルにまで上昇したそうだ。

thermometer-3581190_640_e


 アメリカカリフォルニア州バークレーに拠点を置く気候研究所『バークレー・アース(Berkeley Earth)』では、世界中の数千にのぼる気象観測所からのデータ収集を行っている。

 そのデータによると、今年の夏アメリカの30以上の場所で、「最も記録的な気温」が確認されている他、全体としては5月1日8月30日までの間、29か国、1200か所で夏の間の平均気温を更新したという。

climate-change-2254711_640_e


各地で史上最高の記録を更新


 バークレー・アースの主任科学者ロバート・ローデ氏は、英メディアに次のように話している。

ヨーロッパの一部の場所は、150年以上前に遡る気象観測の歴史がありますが、それでも史上最高の記録を更新しました。

過去には、気象観測所の記録の約2%のみが、1年の間に最高記録を更新していただけですが、近年の地球温暖化に伴い、気象観測が新しい記録をいとも簡単に更新するようになりました。

最近では、今年のように気象観測所の5%もしくはそれ以上が、過去最高の記録を更新しているという事態になっています。

clouds-3476252_640_e


相次ぐ気温更新は、地球温暖化への広い傾向に一致


 これらのデータは、人間の活動の結果として加速された地球温暖化へのより広い傾向に一致しているようだ。

 世界中の土地温度は、過去250年で1.5℃の上昇を記録しており、過去50年においては0.9℃上昇したことを示すデータも報告されている。

 記録された歴史の中で、最も暑い4年は全て2015年以降であり、2016年が最も暑い日が多かった1年だった。

 しかし今年の7月は、世界中で最も暑かった月で、9月は記録上最も暖かかったことが報告されている。

 バークレー・アースの分析では、太陽活動の影響を除いても、これら温度上昇は、人間の温室効果ガス排出量の増加と直接相関していると主張している。

 また、この夏の極端なヨーロッパの熱波に関する別の報告では、人間の活動によって気温が1.5℃~3℃上昇したとも伝えられている。

 心配なことに、今年この傾向が続いていくことは、ほぼ確実のようだ。

cyclone-2102397_640_e

地球温暖化は暑くなるだけではない。気候変動で災害が多発する

 地球温暖化はなにも暑さだけをもたらすものではない。南極や北極の氷がとけることでその寒気が流れ込み、冬は寒波により極端に寒くなり雪が多くなる。

 「温暖化」という言葉だと誤解されるから「気候変動」という言葉の方がわかりやすいかもしれない。

 更にこの気候変動のやっかいなところは、これまで経験したことのない未曽有の災害をもたらすということだ。台風が極端に発達したり、その進路が変化したりするのも気候変動の一種と言えよう。

 夏は極端に暑く、冬は極端に寒くなることで季節は二極化し、これまでは特定の自然災害が起こらなかった場所にも災害をもたらしてしまうことになるのだ。

 今まで大丈夫だったからこれからも大丈夫という保証はない。我々は今、あらゆる災害に備えなければならないようだ。

追記(2019/10/17)本文を一部修正して再送します。
References:IFL Science!など / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283564.html
 

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

2019年夏、北半球の396か所で観測史上最高気温を記録。人間の活動による影響が懸念される(米研究)
宇宙人は30年以内に見つかることを強く確信しているノーベル物理学賞を受賞した科学者
ペンギンたちのムフフな恋愛事情が分かる、「ペンギン相関図2020」が公開中!(京都水族館・東京すみだ水族館)
自分を正しく評価できず人を騙していると思い込んでしまう「インポスター症候群」その緩和に必要なのは親しい人以外の感情的なサポート(米研究)
人は早く答えるよう急がされると、本心ではなく自分が良く思われるような答えを言ってしまう(米研究)

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

ダイヤの中にダイヤ。マトリョーシカみたいなダイヤモンドが発見される(ロシア)
チェルノブイリの制御室を一般公開。ただし危険につき5分間だけ(ウクライナ)
アマゾンで、過去の記録を上回る高さ88.5メートルの巨木が発見される(ブラジル)
土星で新たに20個の衛星が発見され、最多の衛星を持つ惑星に。今なら名付け親になるチャンス!
イギリスの山中にある「失われた魂の洞窟」は自動車の墓場となっていた
2019年夏、北半球の396か所で観測史上最高気温を記録。人間の活動による影響が懸念される(米研究)