東京 - 2019年10月17日 - temi - The Personal Robot (以下 temi)の国内総代理店である株式会社 hapi-robo st (本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:富田 直美、以下:ハピロボ)は、 temi の日本における正式販売を11月1日より開始します。
ハピロボでは、今春よりイノベーター/アーリーアダプター向けの限定プログラムを実施しており、本プログラムに参加した企業は、自社の強みを組み合わせたソリューション、独自アプリサポートサービスの検討を進めており、今後、パートナー各社より様々な商品やサービスが順次提供される予定です。
今回、本プログラムに参加していただき賛同のコメントを頂いた企業は、NTTファシリティーズ、大塚商会、コトバデザイン大和ハウス工業、蔦屋家電エンタープライズ、テクムズ、パルコミライト・エックス、モノプラスあいうえお順)です。

ハピロボが国内総代理店として契約した temi USA inc. (本社アメリカ合衆国ニューヨーク州、CEO Gal Goren、以下 temi 社) が開発した temi は、世界のどこからでも「自らがあたかもそこにいるように」コミュニケーションできるAIアシスタンス機能を持った自律走行する理想的なパーソナルロボットです。

ユーザは、temi に直接声でついてくるように指示したり、あらかじめ登録された地点まで、自ら障害物をよけながら案内させたりすることができます。また、temi には対話型・音声操作に対応したスマートスピーカー(AI アシスタント機能)が実装されており、情報の検索や家電連携(IoT)、ビデオ通話、高音質スピーカーによるメディア再生などが簡単に出来ます。

パートナーの方々からのサポートコメント (あいうえお順)
株式会社NTTファシリティーズ 代表取締役社長 一法師 淳 様
私たちNTTファシリティーズは、NTTグループ省エネルギー対策や建物設備のリスクマネジメントを行うことで、日本の情報通信を支えて参りました。そこで培ったICT・エネルギー・建築の融合技術を最大限に活用して、私たちの使命である「SmartSafetyで持続可能な社会の実現に貢献」を果たせるよう、快適で活力に満ちた街づくりに取り組んでおります。
私たちは、街を構成するオフィスビルや工場、病院、公共施設といった施設に対するファシリティマネジメントワークプレイスソリューションにおいても、業務の効率化や働き方改革を実現するうえで、このtemiは、当社ソリューションとも親和性が高いと期待しております。今後temiを活用し、お客様への付加価値向上に資する新たなソリューションの創出を検討していきます。

株式会社大塚商会 上席執行役員 大谷 俊雄 様
~働き方改革の有効なソリューションとして~
今後の事業展開として、新しい商材をどんどん取り入れていく。ロボットもその1つ。
ハピロボ社との取り組みは昨年からはじめており、今年の春のフェアではtemiをハピロボと共に先行的にお客様にご紹介。非常に高い関心を頂いています。これに応えるために、temiを弊社のサポート(たよれーる)と組み合わせた商材としてSMFLレンタル株式会社様との連携による月額サービスでの販売準備を進めており、近日中に発表する予定です。
今後もハピロボとともに新たな領域を積極的に開拓していき、多様なお客様のご要望に応えてまいります。

株式会社コトバデザイン 執行役員社長 CEO 栄藤 稔 様
temi と出会った時、「これまでのロボットとは違う」と直感しました。個人のパーソナルロボットになるだけでなく、企業向けソリューションを想像して、ワクワクしました。彼が売り場を案内し、ビルを巡回し、高齢者の見守りをし、イベントの受付もしてくれて、次々に省人化を実現して行く姿が目に浮かびます。さらに高い対話能力と正確な知識を備えれば、temiは人を幸せにする理想のロボットに近づいて行くでしょう。
コトバデザインでは人とシステムとを繋ぐカスタマイズされた対話機能をこのロボットに提供し、夢のある未来を拓いて行きます。

大和ハウス工業株式会社 上席執行役員 田村 哲哉 様
今の住宅建設市場は縮小傾向であり、当社に限らず住宅メーカーハード面だけでなく、居住空間(ソフト)へのサービス提供が必要な時代が到来しています。
temiには、家族のパートナーとして生活やコミュニケーションの自由度を広げるロボットとして、従来のデバイスでは難しかった「誰でも使えてわかり易いデバイス」として活用できる可能性を感じています。我々が過去提供してきた大型住宅分譲地の再耕(Livness Town)プロジェクトでの活用をはじめ、モデルハウスでの運用により、ハードソフト両面から生活空間の質を向上する様々なアイディアを抽出していく所存です。また当社が開発している介護施設や高度化する商業施設、物流施設など、複合的な活用についても検討していきたいと考えております。

株式会社蔦屋家電エンタープライズ 執行役員 吉崎 真矢 様
圧倒されたのがこれまでに見たことのないスムーズな動きとビデオ通話機能のレベルの高さ。この体験をぜひ二子玉川 蔦屋家電のお客様へ体験いただきたいという思いから、次世代型ショールームの「蔦屋家電+(プラス)」などで展示を行い、多くのお客様に体験いただいております。
遠方にいるご家族とのコミュニケーション、ご高齢者の見守りなどのご家庭用はもちろん、ホテルやマンションなどのBtoBマーケットを考えており、二子玉川 蔦屋家電 住フロアでの体験コーナー設置と店頭販売、またBtoBでの販売を行って参ります。ぜひ「temiのあるライフスタイル」をご体験ください。

株式会社テクムズ 代表取締役 鈴木 孝昌 様
優秀なホテルのコンシェルジュがお客様の微妙な変化を読み取り、素晴らしいサービスを提供していますが、私たちは、この素晴らしいロボット「temi」と 名古屋での製造業の厳しい品質検査の技術で培ったAIを組み合わせて、伝説となるサービスマン・ロボットを世の中に送り出します。これまでのノウハウから顔パス認証という技術で、人間の顔の表情や過去の行動から導き出されたデータをもとに、 人に寄り添ったコミュニケーションが大切な介護や小売り、コンシェルジュサービスの現場で“今、その人が求めているサービス”を提供していきます。

株式会社パルコ 執行役 林 直孝 様
弊社では店舗のご案内やテナントショップの作業効率化のために、様々なロボット活用の実証実験を積極的に行って参りました。これらの実験で感じていた売場へのロボット導入課題の多くをtemiは解決してくれると非常に期待しております。
11月22日グランドオープンする新生渋谷PARCOに出店が決定している株式会社CAMPFIRE様と弊社が共同で運営する「BOOSTER STUDIO by CAMPFIRE」において、temiを導入いたします。
この店舗ではtemiをご体験・ご注文のお問合せを頂けるだけではなく、将来的には他の製品を出品されている企業のご担当者様との遠隔コミュニケーションにも活用して参りたいと考えています。加えて、渋谷PARCOのフロア内でも案内役として活躍してもらうべく準備を進めています。

株式会社ミライト・エックス 常務取締役 吉田 悠司 様
~日本全国で、「temi」とお客様の架け橋となることを目指します。~
当社は、日本全国いつでもどこでもオンサイトサービスを提供するため、1,000名を超える要員体制と、それらをコントロールする40席超のコンタクトセンターを保有しており、高品質低コストを実現するため、ひとつひとつの作業や工程を独自に開発した自社システムで管理し、関係各社と連携運用することにより間接コストを最小化した上で、大量・多拠点展開工事を強みとしております。
この度の「temi」販売開始にあたっては、これまで我々が培った現場のノウハウを最大限に活かし、日本全国全てのお客様を現場からサポートさせていただきたいと考えております。お客様が安心して「temi」を利用し、また、快適で幸せなロボットライフを過ごすために「temi」とお客様の架け橋となり、また「temi」の更なる発展や展開についても現場に携わる当社の責務として考え、ハピロボ社様とともにロボットライフの幕開けに尽力させていただきます。

モノプラス株式会社 代表取締役 秋葉 淳一 様
「temi」の動画を初めて見た時の衝撃をはっきりと覚えています。
「私の使い方を考えてみなさいよ」と言われているような、私の経験、知識、発想力が試されているという感じだったのです。私たちモノプラスは、大和ハウスグループに属しており、テクノロジーの力で人々の暮らしを豊かにすることを目指しています。その時に「temi」は大きな力となって、私たちと一緒にそれを実現してくれるでしょう。工場、物流センター、ビル、店舗、賃貸マンション、介護施設、ホテルetc. 、大和ハウスグループが建てる建物すべてが、「temi」の活躍の場になります。

ハピロボは temi 社の国内総代理店として「人の能力を引き出し成長させる」ことを促進させるロボティクス活用のご提案を、パートナーとともに積極的に展開してまいります。


株式会社 hapi-robo st (ハピロボ)は、イノベーションを創造し「人の能力を引き出し成長させる」ことで、人々を幸せにするというビジョンを持っています。ハピロボでは、自由に移動できる「モビリティー事業」をはじめ、場所にとらわれず能力を発揮できる「テレプレゼンス事業」や持続可能な未来を創造する「e-Trinity事業」の領域に注力しており、No.1・Only 1のロボットカンパニーとなるべく、これらの領域におけるロボットのバリューチェーンをトータルにカバーしたGRP (ゼネラル・ロボティクス・プロデューザー) として、さまざまなチャレンジに取り組んでいます。 ■ temi に関する詳細
https://www.robotemi.com/jp/

temi カタログ (ダウンロード
https://prtimes.jp/a/?f=d47772-20191015-3674.pdf

■ temi イメージスター

配信元企業:株式会社 hapi-robo st

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ