明日から明後日 台風被災地では被害の拡大に警戒

画像

明日(18日)から明後日(19日)にかけて、関東甲信や東北では大雨となる可能性があります。

明日は、本州の南に延びている前線上に低気圧が発生し、前線が本州の南岸まで北上する予想です。西日本では広く雨が降り、九州では局地的に激しく降る所がありそうです。東日本でも太平洋側を中心に雨が降るでしょう。伊豆諸島では大気の状態が不安定となり、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降りそうです。落雷や突風などに注意をして下さい。

明後日にかけては、低気圧や前線が西~東日本の太平洋側を進む予想です。雨の範囲は北日本にも広がり、関東甲信や東北南部では雨の降り方が強まる恐れがあります。19日(土)12時までの24時間雨量は、関東南部の多い所で100150ミリと予想されています。

関東甲信や東北では、先日の台風19号による記録的な大雨の影響で、各地で甚大な被害が発生したばかりです。長野県千曲川埼玉県・入間川流域、茨城県・久慈川、宮城県・吉田川では、現在も河川氾濫情報が発表されており、危険な状態が続いています。地盤の緩んでいる地域や堤防が損壊している河川では、少しの雨でも被害が発生・拡大する恐れがありますので、今後も厳重な警戒を続けて下さい。

明日から明後日 台風被災地では被害の拡大に警戒