「生理用ナプキンに、シンプルという選択肢を」──。大王製紙は10月11日、生理用品ブランドエリス Megami素肌のきもち」の限定デザインをLOHACOで先行発売しました。落ち着いたブラウンシンプルデザインパッケージに、「すごくいいですね」「ずっとこのデザインで販売してほしい」と支持する声が上がっています。

【画像】通常デザインと限定デザインの違い

 生理用品は、パステルカラーや花モチーフを使ったパッケージが一般的。今回の限定デザインは、「買うとき、持ち歩くとき、収納するとき、“生理用品らしい”見た目が恥ずかしく感じる」「もっとシンプルデザインでいいのに」といった声に応えたというシンプルデザインです。

 通常商品の「素肌のきもち」は、パステルピンクパステルブルーを基調に、「多い昼用」「特に多い夜用」などの情報が記載してあるデザイン。限定デザインは、外パッケージシンプルブラウン一色で、個包装の包み紙も透けにくいブラウンの不織布です。シートサイズや吸収量などは変わっておらず、バックシート(接着面)のデザインを花柄から無地に変えています。ホテルのアメニティのような雰囲気です。

 限定デザインの企画について、大王製紙の担当者に狙いを聞きました。

 「さまざまな選択肢があるこの時代だからこそ、生理用品についても女性がさまざまな選択肢の中から自分好みのものを選べるようにしたいと企画しました。かわいいだけでなく、『もっとシンプルデザインがあれば……』という声に応え、シンプルという新しい選択肢の提案ができればと考えています」(担当者)

 ラインアップは「超スリム 23cm 羽つき」1種のみ。価格は20枚入り1個で税込398円です(2個入り、3個入り、5個入り、27個入りセットも販売中)。LOHACOでは発売してすぐに売り切れとなっていましたが、10月17日から順次販売を再開しています。

 また、Twitterでは「ドラッグストアにも置いてほしい」といった声が寄せられていますが、「今回はEC(ネット通販)限定商品で企画しているため、現時点でドラッグストアでの販売は予定しておりません。ただ、10月19日~22日に開催の『暮らしになじむLOHACO展2019』で実物を展示していますので、実際に商品の現物を見ていただける機会となっております」(担当者)と話します。

 生理用品のデザインをめぐっては、ユニ・チャームが女性インフルエンサーとともに立ち上げた「#NoBagForMe(袋はいらない)」プロジェクトなどが話題に。かわいらしいネコや移り行く空模様のデザインが採用され、実際に商品化に向けて進んでいます。今後こうした流れが加速すれば、ドラッグストアなど身近な場で多様なデザインの中から生理用品を選べるようになるかもしれません。

ねとらぼGirlSide/青柳美帆子)

エリスの生理用ナプキンに、シンプルな限定デザインが登場しました