2019年9月の訪日外国人数(推計値)は2272900人で、前年同月(215万9595人)と比べて約11万人、5.2%上回った。日本政府観光局が10月16日に発表した。8月の252万人からは減少した。

訪日客の約4分の1を占めていた韓国人旅行者の減少が続いており、前年同月比58.1%減の20万1200人だった。マイナスは3か月連続。一方、訪日客全体では、ラグビーW杯開催などが追い風になって、前月を上回った。

欧米豪7万7000人アップ

韓国を除くアジア各国からは好調で、中国が前年同月比25.5%増の81万9100人、台湾が14.3%増37万6200人だったほか、フィリピンベトナムからの訪問客数も前年同月を大きく上回った。

ラグビーW杯の開催で、大会出場国が含まれる欧州、米国、豪州からの訪問客数が前年同月に比べて7万7000人増加。国別では、米国が前年同月比21.6%増の12万7200人、豪州は24.4%増の6万500人、英国は84.4%増の4万9600人、フランスが31.6%増の2万6500人、ロシア39.0%増の1万500人だった。

2018年9月は、当時「25年ぶりの強い勢力」とされた台風21号(4日に上陸)や、最大震度7が観測された海道胆振東部地震の影響を受けた月で、日本政府観光局では、それらのことも19年9月の訪日外国人数が前年同月を上回った一因とみている。

2018年の韓国からの訪日客数は、中国に続き2番目に多く、同年まで6年連続で過去最高を更新していた。

ラグビーW杯効果で欧州各国、米豪からの訪問増加