山里亮太

南海キャンディーズ」の山里亮太が、『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)に出演。妻で女優の蒼井優に車で迎えに来てもらい、帰宅する場面を撮られたゴシップ記事のからくりに、怒りをあらわにした。

■番組プロデューサーのおしゃべりで…

番組冒頭にて、「山里亮太、深夜3時蒼井優を迎えに来させる色男」という記事について、「色男だって、ちょっと営業妨害じゃない?」と言及し始めた山里。

件の写真が撮影されたのは10月3日。同番組出演後のことで、この記事の発端は「全ては(同番組の)プロデューサーが、このラジオ終わりに奥さんが迎えに来てるという情報を、あの芸能界のスピーカー・小木さん(小木博明)に言うという事件」であると指摘した。

関連記事:オードリー若林、”持たざる者”演じる南キャン山里に激怒 「絶対許さない」

■ライターの正体も判明?

小木は、このことをテレビで発言するなど、まさしく「スピーカー」の役割を果たしていたと山里。さらに、記事の中で「番組を終えた山里が助手席に笑顔で乗り込み…」という一節が気になったという。

蒼井の車に乗り込んだ場所は、警備員のいるTBSの敷地内で、張り込み記者などが容易に入って来られる場所ではないのだが、しっかりと乗り込む場面が写真に収められている。

「私があの車に乗り込むとき、見てた男が2人いる」とし、その2人とはプロデューサーディレクターだったと明かした。

■「尾行」に恐怖を感じた

また、その日は車に乗り込んだ後も何者かに尾行されていたことも明かし、「すごい怖い、ずーっと追いかけられるの」と吐露。

そして、記事に記されていた筆者の情報などから、その後の尾行も含め、全て同番組のスタッフ陣による仕業だと判明した山里は「やってくれたなあ!」と怒りを滲ませるとともに、「まさか身内が…」と唖然としていた。

■およそ5人に1人が「ゴシップ好き」

信頼していたスタッフによるイタズラに苦笑しつつも、「(ゴシップ記事は)自分も楽しませてもらっている」「取り上げていただきありがとうございます」ともコメントした山里。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,664名を対象に実施した調査では、全体でおよそ5人に1人の人が「ゴシップが好き」と回答している。

ゴシップ

人々の好奇心くすぐり、たのしませてくれるゴシップ記事だが、「身内にプライベートな情報を提供されてしまっていた」となると、ショックは大きいだろう。

・合わせて読みたい→南キャン・山里、蒼井優との新婚生活は「夢かと不安になる」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年12月14日2018年12月17日
対象:全国の20〜60代の男女計1,664名(有効回答数)

山里亮太、週刊誌にネタ提供した“犯人”に唖然 「まさか身内が…」