映画「キングダム」(2019年)に出演した主演の山崎賢人と、共演の吉沢亮橋本環奈が役作りを振り返るインタビュー映像が公開された。(※山崎の「崎」は正しくは「立さき」)

【写真を見る】大ヒットを記録した映画「キングダム」

本作は、原泰久による同名漫画が原作で、紀元前中国春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王・エイ政(吉沢亮)の戦いを壮大なスケールで描くエンターテインメント大作だ。

ヒットを記録した本作のブルーレイDVD11月6日(水)に発売される。初回生産限定のプレミアムエディションには、山崎、吉沢、橋本、佐藤信介監督、松橋真三プロデューサーによるビジュアルコメンタリーが収録されており、原作者・原氏と佐藤監督による撮り下ろしインタビューなどを掲載した56ページにもわたるブックレットも、映画の世界をさらに深く堪能できる仕上がりになっている。

今回、解禁されたインタビュー映像では山崎、吉沢、橋本が役作りや撮影の裏話について語る。主人公の信を演じた山崎は、約10kgにも及ぶ減量をしたという。「撮影中は炭水化物を抜いて、アクション練習をしていたら、動かす筋肉以外は落ちていって、信の体になっていけたかなと思います。ずっとお腹が空いてキツかったですけど(笑)。でもそのキツさが信を演じる上でパワーになったので、キツくても最高でしたね」と、振り返った。

また、エイ政と漂の2役を演じた吉沢は演じ分けのポイントについて「一番は目ですね。目の強さ、政と漂の別の強さがちゃんと表せたらいいかなと。げきを飛ばすシーンは、政は目力と口だけで他の筋肉は動かさないけど、漂は全筋肉を使って叫びまくるみたいな(笑)。顔の筋肉はめちゃくちゃ意識しながら演じていました」と、語った。

常にわらを被って生活をしている河了貂役の橋本は、肩パッドを入れた特殊な衣装での撮影となったが、「調整が難しくて、中国で⻑澤まさみさんに肩パッドを作ってもらっていました(笑)」と現場でのエピソードを披露。そのエピソードに、山崎と吉沢も驚きの表情に。

撮影中の思い出や役作りにかけた思い、さらにキャスト同士の交流など盛りだくさんのインタビューとなっている。(ザテレビジョン

映画「キングダム」に出演した山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈のインタビュー映像が公開!(※山崎の「崎」は正しくは「立さき」)