tinyBuild Gamesは、Lazy Bear Gamesが開発する墓場運営シムGraveyard KeeperDLCGraveyard Keeper – Stranger Sins」10月29日に発売すると発表した。

 価格は未定。PlayStation 4Xbox OneNintendo Switch、PC(Steam)リリースされる予定だ。スマートフォン版についてはまだ発表されていない。Q&Aによれば、DLCにはサウンドトラックも付属するようだ。

 ダークな『牧場物語』とも表現される『Graveyard Keeper』は、異世界に転生したある男として墓場を経営するシミュレーションゲームだ。プレイヤーは死体を埋葬するだけでなく、死体から様々なアイテムを取り出したり、農耕をしたり、釣りや住人の持ち込むクエストをこなすことになる。

 DLC『Stranger Sins』では最大8時間分のゲームプレイが追加される。ゲームクリアするようなベテランプレイヤーであれば5時間ほどになるという。大きな追加要素としては、新たに酒場の経営が可能になるという点が挙げられる。トレイラーでは経験豊富なバーテンダー死体をよみがえらせ、酒場を建設しているシーンが確認可能。新たに数十のクエストが追加され、「ねずみレース」や「オンステージイベント」といったイベントも企画できるようになる。

 ストーリーもさらに拡張され、お供のしゃれこうべ「ジェリー」の完全覚醒を手伝うほか、ゲームの世界観とプレイヤーの役割を明かす200年前の出来事が描かれるという。村のそばにあった古代文明の遺跡にまつわる謎が明かされることになる。これまで音声が無かった木こりに養蜂家、コーリィとトレス兄弟をはじめとするNPCたちに音声と人柄が追加されるなど、オリジナルゲームの部分にも追加・修正が行われる。

(画像はSteam『Graveyard Keeper – Stranger Sins』より)
(画像はSteam『Graveyard Keeper – Stranger Sins』より)
(画像はSteam『Graveyard Keeper – Stranger Sins』より)

 DLCリリースは「これが最後ではない」と述べられており、今後もこの世界の謎や新たな物語が追加されるようだ。まだまだ謎の多い世界だけに、これからどのような物語が展開していくのか。墓場を経営しながら『Stranger Sins』のリリースを待って欲しい。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros