10月17日スタートした米倉涼子主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第1話が平均視聴率20.3%を獲得したことが分かった。

【写真を見る】米倉涼子演じる未知子のファッションも話題に

2年ぶりの連続ドラマで、第6シリーズとなる今回は、“失敗しない”フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)が再び日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」で孤高の戦いに挑む。

今回の毎分最高視聴率は、25.3%で、夜10時03分の神原晶(岸部一徳)がニコラス丹下(市村正親)に、メロンパンと請求書を渡すシーンと、夜10時05分の病室で、未知子が無事に手術を終えた岩田一子(松坂慶子)と会話をするシーン(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

2019年の連続ドラマで初高視聴率!

この結果は、2019年に放送された民放連ドラマで初めて20%を超える高視聴率を獲得し、現在第1位となっている。(2019年10月17日現在)。

第6シリーズは、かつてないほどの大赤字に見舞われた倒産寸前の白い巨塔「東帝大学病院」を舞台に物語が展開。

西田敏行岸部一徳、内田有紀をはじめとするおなじみのメンバーに加え、「今世紀最大のコストカッター」の異名を持つ投資家・丹下役の市村や、ユースケ・サンタマリア、武田真治など、個性豊かな豪華新キャストが参戦。

また物語の主軸ともいえる未知子対人工知能(AI)やSNSで話題になっている未知子の着こなすファッションなどが「ドクターX」をさらに盛り上げている。

米倉涼子コメント

2年ぶりの「ドクターX」。どうなるものか不安でドキドキしていましたが、想像していた以上の結果を出すことができて、とても驚いています。たくさんの方にこの作品を見ていただいて、光栄に思います。

本当にありがとうございました。今は素直にうれしいと感じています。最後までキャストスタッフ一同、力を合わせて頑張りますので、よろしくお願い致します。(ザテレビジョン

米倉涼子主演「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」が高視聴率を記録