grave5_e


 葬式では、愛する故人の死を悲しみ、静かに悼みを表すのが一般的だ。台湾のように、国によっては明るく元気な葬儀が執り行われることもあるが、アイルランドの場合には、粛々と静かに行われる。

 だが、このアイルランド男性だけはちょっと違ったようだ。彼は生前、人を笑わせることが大好きだった。自分の葬儀に参列した人々ですら笑顔にしたかったのだ。

 そこで彼は生前、自身の葬儀に関するある計画を立て遺言として残した。そしてそれは残された遺族により望み通り行われた。

 彼の計画はみごと成功。追悼者たちはみな笑顔になり、笑いながら彼を見送ってくれたのだ。

―あわせて読みたい―

明るい葬式:女子マーチングバンドが個人の棺のまわりを行進する台湾のお葬式
ど派手な女装で親友の葬儀に訪れた男性。それにはこんな理由があった。
世界仰天ニュース。生きながら自分の葬儀に直面した11人の人々
フェイスブックで自分の死を偽装。葬式代をせしめようとした男性(タイ)
激しい雨の中、ずぶぬれになりながら見知らぬ葬列車に敬礼を捧げるひとりの兵士の姿(アメリカ)


Irish man leaves funny recording for his funeral

自分の葬儀に関する計画を書いた遺言を残した男性

 アイルランドのダブリンに住むシェイ・ブラッドリーさんは、家族に見守られながらその生涯を閉じた。

 イタズラ好きで陽気でユーモアに溢れ、笑顔を絶やさなかったシェイさんは、生前は持ち前の明るさで周りの人を笑わせるのが大好きだった。

 自分が死んでも、追悼に来てくれる人たちには悲しみだけを感じてほしくない。笑顔で見送って欲しい。…そんな思いがシェイさんにはあったのだろう。

 シェイさんは生前に自分の声を録音し、それを葬儀の埋葬時に流してほしいと家族に遺言として伝えていた。

 サプライズで録音された音声が、葬儀の最中に流れると、死んだはずのシェイさんの声を棺の中から聞いた追悼者らは、驚くと同時に笑い出した。

grave1_e


生前に録音した音声で、棺の中から追悼者を笑わせる


 葬儀が執り行われた10月13日、身内や友人たちに見送られる中、シェイさんの遺体が収めたれた棺が、深く掘られた地面に横たえられると、葬儀の参列者らはシェイさんへ最後の別れを始めた。

 しかしその時、突然シェイさんの声が墓地に響いた。

トン、トン、トン(ノックの音)。おーい。おーい!!

ここはいったいどこだ!? なんて真っ暗なんだ! 誰か俺をここから出してくれ!


 シェイさんがまるで生きているかのように棺の中から声を上げたのだ。

grave4_e


 参列者らは一瞬驚いたが、すぐに笑顔になり、中には吹き出す者もいた。
聞こえるのは、牧師さんの声かい?

 シェイさんのその呼びかけに、葬儀を執り行っていた牧師は笑いをこらえ、頭を下げた。

 おそらく、牧師にとっては型破りな葬儀だったに違いない。しかし、それこそがシェイさんが最期まで望んでいたことだったのだ。

grave2_e


故人の望みが叶えられた笑顔での見送り


 悲しみを堪えながら、最後まで笑って送り出してほしいというシェイさんの思いは、参列者全員に届いたようだ。

 葬儀は、涙を拭って笑顔こぼれるものとなり、生前のシェイさんらしさがたっぷり滲み出た素晴らしい見送りとなった。

 シェイさんの娘は、ツイッターでこのように綴っている。


ものすごく悲しんでいる時に、みんなを笑わせようとするなんて…。でも生前に、自分の声を埋葬時に流してほしいと頼まれたの。ほんとに父らしい。永遠に大好きよ。

 動画がソーシャルメディアで公開されると、ユーザーらからはこのようなコメントが寄せられた。

・なんか、いい葬儀だね。みんなにきっと好かれていただろうこの男性のことを、自分ももっと知りたいと思ってしまった。

・最後まで笑顔で見送るって素敵。周りの人も理解があっていいね。

・願い通り、みんなが笑顔になってきっと彼も嬉しいだろうな。

・多分、あの世から笑って見ていると思う。

・この動画が拡散されたことで、彼は身近な人だけじゃなく、世界中の知らない人を笑わせることにも成功したってわけだね。

ユーモアジョークに溢れているこんな人素敵。どうか安らかに…。

・こういう方法で故人を見送るアイルランド人っていいな。

・面白いだけじゃなくて、なんだか心がほっこりするよね。


written by Scarlet / edited by parumo 全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52283607.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

人間の関節の一部にサンショウウオのような再生能力が備わっていることが明らかに(米研究)
医師もびっくりの珍症例。息子スティックに4年間もピンセットを突っ込んだままだった男性(サウジアラビア)
私の彼はボーイング737-800。大型旅客機に恋し交際5年目の女性、「いつか結婚するのが夢」(ドイツ)
自分を正しく評価できず人を騙していると思い込んでしまう「インポスター症候群」その緩和に必要なのは親しい人以外の感情的なサポート(米研究)
アメリカ・アイダホ州では早くも氷点下。ジャガイモの収穫が間に合わず絶望する男性に地域住民が一丸となって協力

―動画の紹介記事―

どんなに高くしても軽々とペットフェンスを飛び越えてしまう犬に対して飼い主がとった最終兵器。効いてる効いてる!
いやん、どうして離れていくの?トテトテと手の平を追いかけて寄り添ってくるインコが可愛すぎる
寝ていると鳥たちがあつまる止まり木としての猫
椅子が人を襲うだと?B級ホラー映画「キラー・ソファ」予告編(怖いソファ注意)
アメリカ・アイダホ州では早くも氷点下。ジャガイモの収穫が間に合わず絶望する男性に地域住民が一丸となって協力
生前は人を笑わせることが大好きだった男性、遺言通りに葬儀中のサプライズ。追悼者らを笑顔に(アイルランド)