2019年11月15日(金)~17日(日)、東京・豊島区庁舎にて「マンガアニメの未来」をテーマとした国際フェスティバル「国際マンガアニメReiwa Toshima(IMART-アイマート)」が開催されます。

「IMART」で基調講演を行う手塚プロダクション代表取締役社長の松谷孝征さん

3日間にわたって、今日のマンガアニメ業界を牽引するリードカンパニーや個人によるトークセッションと2つの基調講演の開催が予定されており、激変の時を迎えつつあるマンガアニメの未来を作り出すための、さらなる可能性を模索します。

基調講演は、かねてよりKADOKAWA 顧問 海外担当/ジャパンマンガアライアンス 顧問の塚本進さんによる講演が発表されていましたが、第2弾として手塚プロダクション代表取締役社長の松谷孝征さんによる講演の開催が発表されました。

さらに、開催期間の全日程を通して登壇者と参加者が交流できる会場が用意されているほか、10月から11月にかけて開催されている新しいマンガアニメのかたちを生み出すプレイベント「マンガミライハッカソン」の受賞作品発表~授与、「アニメーテッドラーニングとしま2019」の成果発表式も予定されています。

チケットは本日10月18日19時より、Peatixにて販売開始となります。詳細は「IMART」公式サイトをご確認ください。(WebNewtype

「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」メインビジュアル