台風被災地 あす(土)にかけて再び大雨のおそれ

洪水や土砂災害などの危険度高まる恐れも

画像

西日本から東日本の太平洋側に停滞している前線が今夜(18日)にかけて日本海まで北上し、今夜には前線上の山陰沿岸に低気圧が発生する見込みです。その後、発達しながらあす(19日)夕方にかけて北陸・東北地方を通り、あす夜には三陸沖に進むでしょう。

低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、東日本と東北地方は大気の状態が非常に不安定となり、あす夕方にかけて、非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。台風19号による記録的大雨により、氾濫が発生し河川堤防等が損傷を受けた地域や地盤の緩んでいる所があります。

普段災害が起きないような雨でも洪水や土砂災害の危険度が高まるおそれがあります。河川の増水や氾濫に警戒し、土砂災害や低い土地の浸水に警戒・注意してください。

■予想雨量(あす18時まで・最大)
東海地方静岡県)          150mm
関東甲信地方、伊豆諸島        120mm
東北太平洋側             100mm
北陸地方新潟県)           60mm

その後、あさって(20日)18時までの予想雨量は最大で、東海地方(静岡県)、北陸地方(新潟県)でおよそ50mmです。

また、沿岸部を中心に風も強まります。落雷や竜巻などの激しい突風のおそれもあります。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。被災した地域は災害復旧作業への影響に十分注意してください。

台風被災地 あす(土)にかけて再び大雨のおそれ