ラグビー日本代表の勢いが止まらない。予選グループに相当する「プールA」のリーグ戦を4連勝で終え、史上初となるワールドカップ(W杯)のベスト8入りを決めた。

 ジャパン2015年大会で南アフリカを下す「ブライトンの奇跡」を起こしたが、それは大会通算25試合目でようやくつかんだ2勝目。1995年南アフリカ大会では、ニュージーランドに17-145の大敗も喫している。1987年の第1回大会から9大会全てに皆勤しているのは、アジアの壁が低かったからだ。

 前回大会は南アフリカ戦から中3日で迎えたスコットランド戦を落としたこともあり、3勝を挙げたもののベスト8に進めなかった。しかし今大会は自国開催による日程、環境の利もあり、目標を達成した。

 盛り上がりは皆さんもご存知の通りだ。9月20日に開催された初戦のロシア戦は平均視聴率(首都圏)が18.3%。それが10月13日スコットランド戦では39.2%(瞬間最高53.7%)を記録した。これは2019年の全テレビ番組の中でも最高の数字だ。マイナースポーツだったラグビーが国民に浸透し、選手の認知度も劇的に上昇している。

 そこでふと思った。彼らは国民栄誉賞を受ける資格があるのではないか?と。

「控えも入れたら31人」でも受賞資格はあるか?

 国民栄誉賞1977年8月に設けられた制度で、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」を目的としている。一人目の受賞者はプロ野球756本塁打の「世界記録(当時)」を達成した王貞治選手だった。

 その後の受賞者には音楽家スポーツ選手、漫画、囲碁将棋といった大衆的な人気者が名を連ねている。天皇が授与する文化勲章と違い、国民栄誉賞は時の総理大臣から贈呈される。直近の受賞者はフィギュアスケート羽生結弦選手だが、「大家」が受章する勲章勲等と違い、彼のような20代前半の若者も受賞対象だ。

「控えも入れたら31人もいるぞ」と思う方は当然いるだろう。しかし2011年には女子サッカーのW杯を制したなでしこジャパンチームとして受賞している。

 今回のジャパンはまだベスト8だが、既に世界ランク1位(W杯開幕前)のアイルランドや、スコットランドを下している。これはこの国のスポーツ界の歴史に残る偉業だし、自国開催という「もっとも盛り上がるシチュエーション」でそれを達成した事実は大きい。チームが社会に「明るい希望」を与えたことなら疑いの余地はない。

日本国籍を持っていない選手もいる」けど受賞資格はあるか?

 2004年の欧州遠征でジャパンスコットランド代表に8-100と大敗している。2005年は来日したアイルランド代表に12-44、18-47で連敗している。国際レベルから大きく引き離されていたラグビー界が、この15年で劇的な成長を遂げた。これだけ劇的に伸びた業界はスポーツに限らずなかなか見つからない。彼らは我々の希望であり、人々に勇気をもたらす存在だ。

日本国籍を持っていない選手もいるぞ」という疑問もあるだろう。ラグビーの代表チームは36ヶ月(3年)以上の在住歴があれば資格を得られて、今回のジャパンも7名が外国籍だ。日本に限らずどのチームも外国出身選手を起用している。ただし桜の戦士たちは日の丸を背負い、間違いなくこの社会を楽しませてくれている。

 そもそも国民栄誉賞中華民国籍の王貞治選手に対する顕彰として用意されたもので、国籍は受賞要件にない。したがってジェイミー・ジョセフヘッドコーチも含むチームの全員に受賞資格がある。

 優勝すればもちろんだが、仮にそこまで届かなくても、彼らが残したインパクトは受賞に値する。色んな背景を持つ人々が、民族や考え方の違いを受け入れ、コミュニケーションを取り、それぞれの強みを生かして「ワンチーム」として機能するーー。日本ラグビーが実現している有り様は、令和の日本にとって素晴らしいお手本だ。

外国人頼みというネガティブな発想はナンセンス

 今の時代は良くも悪くも世界がつながっていて、日本の大企業も海外市場を開拓しなければ成長を遂げられない。逆に外国の企業、人材がこの社会を充実させるために大きな貢献を果たしている。決して一方的な収奪でなくギブ&テイクの相互互恵関係だ。

 外国人頼みというネガティブな発想はナンセンスで、我々はむしろ彼らを活かせた懐の広さを誇るべきだ。日本のラグビー界が頭の硬い、心の狭い人たちの集まりなら、外国出身選手はあれほどノビノビとプレーできなかっただろう。

 今大会は組織委員会のプロモーションも見事だ。ドラマの制作、企業とのタイアップなどマスメディアを使ったオールスタイルから、ツイッターインスタグラムを活用した今風の発信まで、スタッフが実に洗練された仕事を見せている。日本のスポーツ界の中では最後までアマチュアにこだわっていたラグビー界が、今は野球やサッカー以上に「プロフェッショナル」な集団になっている。彼らは社会にとって、よき変化の象徴だ。

 ラグビー日本代表には堂々と国民栄誉賞を受賞する資格、理由がある。現実的な補足をすると、選考を行うのは安倍晋三首相と官邸のスタッフだ。日本ラグビー協会の森喜朗元会長は首相と同じ派閥で、いわば元上司と部下の間柄。そのような人間関係も、受賞の追い風になりそうだ。

(大島 和人)

スコットランド戦試合前 ©JMPA