運転(Chainarong Prasertthai/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

お笑い芸人だいたひかるが17日、ブログを更新。70代の母親が自動車運転免許証を返納した後に見られた変化を明かした。

■今年免許を返納

免許を返納したのは今年。近所のスーパーマーケットには徒歩で出かけ、手に持てる分だけを持ち帰る日々を送るようになった。そうした姿を見て娘のひかるも「免許返納してから変わったなと思います」とつづっている。

車を運転していた時はどのような買い物をしていたのか。父とは買い物に行くと一度でレモンアイス20個を買う始末だったという。

関連記事:吉永小百合、運転免許証を返納した理由 「それは危ない…」

■「4人家族だよね?」

クリスマスには1人ひとつのホールケーキを買い与えるほどで、ケーキ屋の店員に「4人家族だよね?」と確認されたことがあるほど買いすぎる癖が母親にはあったとも。

今となってはそうした大量の食材を車で運ぶことができないため、自然と買いすぎも減少した。車を手放したことは食べすぎの防止にもつながり、同時に徒歩でスーパーにも行くことで健康にもプラスの要素が生まれる効果があると期待している。

■免許返納は義務化すべき?

コメント欄で「母親の決断力あっぱれです」といった反応があがっている。なお免許返納については、こんな調査がある。

しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、「一定の年齢を超えたら運転免許証返納を義務化すべきだと思う」と回答した人は、全体の52.4%であった。

免許返納は、交通の便を失いマイナスなことが生まれそうだが必ずしもそうならないと示してくれた。

・合わせて読みたい→75歳父「もっとたくさん運転できる」 免許返納を提案した娘が返り討ちに

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

だいたひかる、母親が免許返納して訪れた変化 「あっぱれです」