イバン・ラキティッチ 写真提供: Gettyimages

 ユベントスバルセロナクロアチア代表MFイバン・ラキティッチの獲得に、最も近いクラブのようだ。イタリアメディアカルチョ・メルカート』が報じている。

 2014年夏の移籍市場でバルセロナに加入して以降、クラブの中心選手として活躍を見せてきたラキティッチ。ただ、今シーズンアルトゥールやフレンキー・デ・ヨングにスタメンの座を奪われつつあり、出場機会も限られている。移籍の噂が度々上がる同選手だが、ポールポジションにいるのはユベントスのようだ。

 今夏の移籍市場でアドリアン・ラビオやアーロンラムジーを獲得し、中盤の戦力が飽和気味になっているユベントス。エムレ・ジャンチャンピオンズリーグ(CL)メンバーから外れるなど、中盤の競争は熾烈なものになっている。

 しかしながらユベントスがラキティッチの獲得に最も近いクラブのようだ。今のところ、マンチェスター・ユナイテッドよりも獲得が近いとされている。果たしてユベントスは、豊富な中盤に再び強力な選手を加えることになるのだろうか。