日本マイクロソフトは、10月17日に開催したSurfaceシリーズの新製品発表会の中で、米国で2020年末の発売に向けて開発中の9インチデュアルディスプレイの手のひらサイズPC「Surface Neo」と、GoogleAndroidラットフォームを採用する5.6インチデュアルディスプレイのポケットサイズPC「Surface Duo」を日本で初披露した。米国で10月2日(日本時間10月3日)に発表したもので、DuoはAndroidを採用。いずれも、2画面を360度回転できるヒンジで接続するスタイルで話題になった。日本での発売は未定。

画像付きの記事はこちら



 Surfaceのマーケティングの総責任者として来日した米マイクロソフトマット バーロゥ コーポレートバイスプレジデントは、「日本で公開するのは初めて」としてSurface Neoを持ちながら、2画面を自在に回転させながら、さまざまな使用シーンで効果的に使えることをアピールした。

 例えば、2画面を広げて13インチ相当にして書籍のようにして読むことができたり、キーボードを使ってラップトップPCのような使い方もできる。一方の画面で動画を見ながら、片方の画面でメモやメールチェックするなど、二つの画面に別々のコンテンツアプリケーションを表示させることもできる。

 ビジネスクライアントに説明する際に、画面を相手側に回転させてプレゼンすることもできる。バーロゥ バイスプレジデントによると、「生産性が44%上がる」と語るなど、働き方改革のビジネスツールとしての可能性も示した。OSはWindows 10Xを採用する。


●スーツの内ポケットから現れた「Surface Duo」



 続けてバーロゥ バイスプレジデントは、自身のスーツの内ポケットから、まさにポケットサイズSurface Duoを取り出した。

 Androidラットフォームを採用した点については、「顧客視点で考えた時、小さな画面ならAndroidが最適」と語り、過去にWindows Phone向けアプリが普及しなかったこともあり、多くのユーザーが使っているプラットフォームの採用に迷いはなかったようだ。

 1年後に発売予定の開発中の製品を発表するという、通常では考えられない発表のタイミングについては、2画面で動くアプリの開発者に向けて、あらかじめ仕様などを公開する必要があったためだという。

 スマートフォンスマホ)では、日本初の折りたたみスマホとしてサムスン10月10日に「Galaxy Fold」を発表して、KDDI(au)での予約を開始した。Surface NeoとDuoは、あくまでもSurfaceブランドの新ラインアップとの位置づけから、スマホとは違うPCとしてビジネスシーンで活躍するツールとしてアピールするようだ。

 イベントでは、電源が入ってなく、ちらっと見せただけで実機も展示されることがなかったので、現時点の完成度は分からなかった。来年の発売までの長い間、どのようにして話題性を継続させるかという課題もありそうだ。
日本で初披露したSurface NeoとSurfaceDuo。日本での発売は未定