マジョルカの日本代表MF久保建英スペイン紙『マルカ』のインタビューに応えた。

 マジョルカは19日、リーガ・エスパニョーラ第9節で久保のレンタル元であるレアル・マドリードと対戦する。久保は同試合について「レアル・マドリードからレンタルされていなくても、彼らと対戦することは非常に重要です。カスティ-ジャ(Bチーム)でプレーする代わりにマジョルカへ来た理由を証明する必要があると思います」とコメント、意気込みを見せた。

 また久保は2022 FIFAワールドカップ カタールアジア2次予選ならびにAFCアジアカップ中国2023予選に臨む日本代表に帯同したが、モンゴル戦とタジキスタン戦で合計4分間の出場に留まった。長い距離を移動しながらプレー機会がほとんどなかったことに苛立ちはないかと問われると、「はい、少し。しかしそれが今のやり方です。もっと上手ならばもっと長い時間をプレー出来たでしょう。今のところ問題ないです」と応えている。

 また今夏レアル・マドリードへ加入した理由について問われた久保は「スポーツ面でのレアル・マドリードの今後の目標や数年間のプラン、そして自分の将来について考えてくれたことが決め手でした」と明かしている。

インタビューに応えた久保 [写真]=Getty Images