マンチェスター・ユナイテッドが1月の移籍市場でユベントスドイツ代表MFエムレ・ジャン(25)の獲得に迫っているようだ。イギリススカイスポーツ』が報じている。

ジャンは今季のチャンピオンズリーググループステージメンバーから外れ、セリエAでもわずか3試合の途中出場に留まり、マウリツィオ・サッリ監督の下で信頼を勝ち取りきれていない状況にある。

さらに先日、イタリア『トゥットスポルト』が昨季までユベントスで指揮を執っていたマッシミリアーノ・アッレグリ氏のユナイテッド監督就任が近いことを報じ、元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチと共にジャンもユナイテッド移籍に向かうと主張している。

昨季、アッレグリ氏の下で公式戦37試合に出場して4ゴールを挙げてセリエA8連覇に貢献したジャン。恩師と共にプレミアリーグ復帰となるのだろうか。

サムネイル画像